3年間失敗続きの縮毛矯正(ストレートパーマ)

 

縮毛矯正に通い続けていた美容院に、ある理由で行けなくなり

次に行った美容院では矯正をかけてもクセ毛がすぐに戻った

 

 

 

 

 

次の美容院でその話をしたら

「縮毛矯正をかけるのは怖いからトリートメントをしましょう!」

だけどクセ毛が伸びるはずもなく、すぐにボサボサに…

 

 

 

 

 

次に探した美容院では縮毛矯正はかけてくれたけど

毛先はビビリ毛になったのに根元のクセ毛は全然伸びてない

その後毛先は全部千切れてボロボロに…..(涙)

 

 

 

 

 

 

その度に美容院を変えても変えても

失敗が 3年間続いた

 

 

 

 

 

って相談をラインで受けたので、一度髪の状態を見せてもらうと

もう毛先は薬剤を付けられる状態ではない(傷みすぎている)

 

 

今の髪の毛の状況を説明して、今出来る部分のみに矯正をかける事にした。

 

 

 

 

 

結果的には薬剤が塗布できた部分は綺麗に伸びたんだけど

アルカリによる軟化がすごく早い髪質だった

 

 

 

 

前回の美容院では薬剤を塗ってすぐに美容師さんが焦って流してたらしいんだけど

アルカリが効き過ぎて、還元が間に合っていなかったのが原因

結果毛先はアルカリの効き過ぎが原因でビビリ毛になった

 

 

 

 

その前の美容院では薬剤を塗ってからすごく長い時間かかったのにクセ毛は伸びていなかった。

これはアルカリが弱い薬剤だったから時間を置いても大丈夫だったけど

還元剤濃度も低かったから長い時間置いてもクセ毛が伸びなかったって理由。

 

 

 

 

 

髪の毛を見た時に、毛先はビビリ毛になるくらいの薬剤を付けてるのに

根元のさほど傷んでいない部分は全くクセ毛が伸びていなかったから

還元し難い髪なんだろうな。って考察して

 

 

中性で還元剤濃度の高い薬剤を選択したのが大正解

 

 

中性のチオなんかだと還元剤が上手く働かないから

GMTを使ったのも正解だった。

 

 

 

 

 

なんて今はこんな余裕を言えるけど

初めてのお客様で3年間失敗続きだったって話を聞いてたから

当日写真を撮らせてもらおうなんて心の余裕は僕の中には無かったけどね(苦笑)

 

 

 

ちなみにビビリ毛がなくなるまで

髪が元通りに綺麗になるまでには1年近くかかると思うけど

絶対に綺麗になりますから僕を信じてみてください。

 

 

 


 

 

 

 

一般的な美容院で使用する薬剤は

強い薬は、アルカリも還元剤も強い

弱い薬は、アルカリも還元剤も弱い

だからこんな失敗が起きてしまう

 

 

 

普通の髪質だったら別になんて事無いんだけど

ちょっと特殊な髪質や状態だったら急激に難易度が上がるのが縮毛矯正なんです。

 

 

 

 

 

縮毛矯正で失敗続きの方は、まず失敗のリスクを少しでも減らすようにしてみてください

 

ホームカラーをしない

できれば8トーン以上に染めない

分け目だけ、生え際だけとかの部分染めをしない

美容院のトリートメントをしない

ヘアオイルをつけない

カラーを先にして、その後10日~1ヶ月の間に縮毛矯正をかける

ヘナやヘアマニキュアの場合は先に矯正をかける

 

この辺を守るだけでも全然失敗の確立は減りますよ。

 

 

 

過去記事 ↓↓↓ も読んでみてください

 

 

 


 

Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21   0827-31-0057

 



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。