乾燥注意報

 

今日 山口県では梅雨明け後初めての乾燥注意報が発令されたとか

これから冬に向けて、肌も髪も乾燥してくる時期に…

 

 

 

 

 

クセ毛って梅雨の湿気に弱いってイメージを持ってる人が多いけど

実は乾燥にも弱い

 

 

 

 

 

 

クセ毛は直毛と比べて水分量が少ないって話を聞いた事があるでしょ?

 

 

ただ単に少ないんじゃなくて

直毛の毛はバランスよく全体に水分(結合水)があるのに比べて

クセ毛は不均一にしか水分を保持できない。

 

 

 

 

↓↓↓ こんなイメージ

 

 

 

なので湿度で水分が入ってきても

乾燥で水分が出て行っても

クセ毛の助長となり、パサつき広がってしまう。

 

 

 

 

もちろん個人差もあって、湿度に弱いクセ毛もあれば乾燥の方が苦手なクセ毛もある

加齢毛による水分低下もクセ毛と同じように湿度にも乾燥にも影響を受けてしまうようになる。

 

 

 

 

髪の毛の中に留まる水分を結合水

濡れたり乾いたりで、出入りする水分を自由水って呼ぶんだけど

結合水が減少すれば余計に自由水の影響を受けてしまう

 

 

 

髪の毛の水分量(結合水)を減らさないためには

 

 

お風呂上りはすぐに乾かして、髪の毛が濡れている時間を少しでも短くする事が大切

もちろん髪が少しでも傷まないように気を付ける事も重要。

 

 

 

 

自由水の影響を受けなければ、湿度や乾燥によるパサつきや広がりを抑える事ができる

その為のバームでもあるんです。

 

 

 

 

 

クセ毛や加齢毛を湿度や乾燥などの外的要因から守ってくれる

それでいて皮膜を作り難く、カラーやパーマの邪魔をしない

プレイスオリジナル・オーガニックバーム

 

 

 

これかなの乾燥時期にも大活躍ですよ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。