シアバター

 

 

シアバターはアカテツ科のシアーバターノキの種子の胚から得られる植物性脂肪

シアーバターとも表記される

 

 

 

 

シアバターはシアの木の種子から作られ、主にナイジェリア、マリ、ブルキナファソ、ガーナで生産されている。

食用や薬として用いられるほか石鹸やクリームなどにも配合される。

ロレアル、ザ・ボディショップ、ロクシタン、ビーバイイーがシアバターの効能に着目し、製品化して広く知られた。

 

 

常温で固形、肌に塗ると体温で溶けて浸透するため、植物性油脂であっても「オイル」ではなく「バター」と称される。

 

 

古くから食用、薬品、燃料として使われ、傷や火傷の治療目的や筋肉痛、リュウマチ、白髪、脱毛予防など様々に用いられる。

ガーナでは紫外線や乾燥から守るために、生まれてすぐ新生児の全身に塗布する。

ムスリムの習慣として生後3か月の男児に施す割礼で、止血と消毒を目的に用いる

 


 

wikiから分かりやすい部分だけを抜粋したんだけど

 

 

 

シアの木の種からシアバターって油脂が取れるんだけど

人間の皮脂に似ていて、坑酸化力も高く紫外線防止作用もあって

皮膚や髪には保湿力がすごく高いから 「保湿の王様」なんて呼ばれたりもする

 

 

しかも融点が35~37度なので、人間の体温でも溶ける利点から

皮膚の保湿クリームやリップクリームなどにも使用される

 

 

 

このシアバターに着目した理由は

以前クセ毛を抑えるシャンプートリートメントについて書いたけど

どの商品も 脂と保水とコーティングでクセを抑えてるだけの物

 

だけど、ストパーでもかけない限り何かを付けてクセが収まる事はないから

クセ毛や加齢毛のパサつきや広がりを抑えるためには油分などで抑えるのが1番効率的なんだけど

 

髪への過度なコーティングはキューティクルを壊す元になり

余計にパサつきやクセ毛の助長になってしまうから

クセ毛用のトリートメントなんてデメリットの方が大きいよ

(って以前も書いた)

 

 

 

 

 

クセ毛や加齢毛のパサつきや広がりを抑えるためのスタイリング剤に

コーティング作用も髪の毛への悪影響もない物があったらいいのに!

 

 

 

って考え  昨年から取り組んでいたのが

クセ毛・加齢毛専用バーム(保油保湿クリーム)

 

 

シアバターをメインに作ってるんだけど

保湿力は高く・紫外線防止効果もあり・肌にも使える

(アフリカでは白髪・脱毛予防にも使ってる)

 

髪の毛に使うのにも最適な保油保湿剤なんです

 

融点が35~37度なので、シャンプー前の湯洗いでスーッと落ちるし

髪への皮膜も作りにくく 悪さをしない

 

 

シアバターもオーガニック栽培した物を使ってるから

残留農薬等の問題もないし、なにより地球にも人にも優しい

 

 

オーガニック=髪に良い ってわけじゃないけど

地球や環境には間違いなく良い

 

オーガニック製品を選ぶ事で、よりオーガニック栽培をする農家さんが増えれば

それだけ環境にも良い影響があるから あえてオーガニックを選択しました。

 

 

 

 

クセ毛・加齢毛によるパサつきや広がりを抑える

クセ毛・加齢毛専用・オーガニックバーム(保油保湿クリーム)

発売まで間近です!

 

お楽しみに~♪

(1番楽しみにしてるのは僕だけどね)笑

 

 

 

 

 

Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21   0827-31-0057

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。