ヘナは次いつ頃染めれば良いですか?

 

 

昨日の記事「髪を染める事への罪悪感…」の続きです

 


 

こんにちは!

JR南岩国駅すぐ近くの美容院・プレイスの藤原です

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)

低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)

髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

 

自分自身がヘアカラーかぶれを経験しているので

アレルギー体質・敏感肌の方もご安心してご来店ください。

 

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください

 

お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます



 

頻繁に染めると髪や頭皮に悪いから我慢をしてる

 

 

ヘアカラーをする事に罪悪感を感じてる方への提案として

色味はナチュラル系でリタッチをお勧めしました

 

 

なぜナチュラル系なのかは過去記事を読んでみて下さい

 

 

 

そしてアルカリと過酸化水素の除去をする事で

ヘアカラーによる髪の毛へのダメージを必要最小限に抑える事が出来る

ってのが第1の提案でした。

 

 

 

 

 

 

そして第2の提案はヘアカラーを

アルカリカラーからヘナに変える

 

 

 

 

 

ヘナにしかない最大のメリットは

髪の毛へのダメージが無い!

 

 

 

 

 

傷まないだけでなく

ダメージや加齢毛による毛髪内部にできた穴を

ヘナの色素が埋めてくれるので

 

天然のトリートメントとしても優秀です

 

 

 

 

人工的なトリートメントとは違い被膜を形成しないので

髪の毛への悪影響がない

 

 

被膜の悪影響について↓↓

 

 

 

昔はヘアマニキュアは髪を傷めないって思われてたけど

被膜の悪影響が立証されて以来

やっぱりちょっと傷んじゃうよね

に変わった(苦笑)

 

 

 

 

なので髪の毛を傷めず染める事が出来るのは ヘナのみ

 

 

 

 

初めてヘナを体験したお客様から

「ヘナは次いつ頃染めれば良いですか?」

って聞かれたんだけど

 

 

 

染めすぎて傷むことは無いので

染めたい時が染め時です!(笑)

 

 

 

ただしセルフヘナ(自分でするヘナ)は髪質や塗り方や放置時間によっては

ヘナが髪の毛表面に吸着しすぎてゴワゴワする事もあるので気を付けて下さい

 

 

 

以上がヘアカラーへの罪悪感をなくすための提案でした

 

 

究極はヘナですが、アルカリカラーでも

適切な薬剤を適切な塗布と処理さえしてあげれば

罪悪感を持つほどの傷みになる事はありません

 

 

 

極端に髪の傷みの出る方は必ず見直す部分があると思いますので

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。