髪を染める事への罪悪感….

 

 

ヘアカラーをする事へ罪悪感を感じてる人がいるんです!

 

 

 

 


 

こんにちは!

JR南岩国駅すぐ近くの美容院・プレイスの藤原です

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)

低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)

髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

 

自分自身がヘアカラーかぶれを経験しているので

アレルギー体質・敏感肌の方もご安心してご来店ください。

 

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください

 

お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます



 

 

ヘアカラーの頻度って人それぞれだけど

基本的には白髪染めの方が頻度が高くなる

 

 

白髪比率や気になり度合いにもよるけど

早い方だと3週間に一度くらいのペースで染めてる

 

 

 

2ヶ月や3ヶ月に一度の方もいるけど

気にならないからっていうよりも

頻繁に染めると髪や頭皮に悪いから我慢をしてる

って言う人も多い

 

 

 

 

 

 

 

染めない人には理解できないだろうけど

ヘアカラーに罪悪感を持ってしまう人もいるんです!

 

 

 

 

 

 

 

綺麗になるためにヘアカラーをしてるのに

我慢とか罪悪感とか…

 

それってすごく嫌じゃないですか?

 

 


 

 

そこで罪悪感を持たないヘアカラーの方法をいくつか提案しますので

 

罪悪感を捨てて思う存分染めて下さい!(笑)

 

 

 

 

 

何度も何度も書いてるけど、まずは基本中の基本

リタッチ

リタッチとは前回染めた後に伸びた根元部分だけを染める事

 

 

 

仮に3カ月に一回全体を染めていたとすれば

毛先は11回も染めてるので傷んでボロボロ….

 

 

 

だけど毎回リタッチだと

根元も毛先も1回しか染めてないんだからヘアカラーによる傷みは

同じだし大したことはない

 

 

 

 

なのでリタッチで染める場合は

3週間に一度でも3ヶ月に一度でも1年に一度でも傷みは変わらない

 

なので我慢して期間を空ける必要もないって事

 

 

 

 

それとヘアカラーで傷む一番の原因アルカリ剤と過酸化水素水による髪の毛へのダメージは

極力抑えるように後処理をプレイスではしっかりやってます

 

 

 

カラー剤の2液に使う過酸化水素水にカタラーゼ(茶色の液体)を数滴混ぜると

 

 

 

分解して残留させない

 

 

しかもカタラーゼは活性酸素をやっつける為に人間の体内で作られる酵素なので

無害で安全なうえに強力な分解能力を持つ物なんです

 

 

 

 

アルカリと過酸化水素水の除去については過去記事で

 

 

 

 

シャンプー後にシャンプー台で寝た状態でやってるんで

地味で目立たないしコストもかかってしまうけど

髪の毛のダメージを抑える為には1番大切な事

 

それがアルカリ・加水除去です

 

 

 

 

 

そのアルカリ剤ですが

明るい色になるほどアルカリ剤は増えていきPHもどんどん高くなっていきます

 

 

つまり明るい色ほど髪の毛の傷みも増す

 

 

 

なんでもそうだけど

自分にとって1番重要なのは何なのかを決めておくと

するべき事がはっきりとしてきます

 

 

ヘアカラーで言えば

①髪のダメージ

②明るさ

③白髪がしっかり染まる事

みたいな感じで優先順位を決めてもらえばすぐに答えが出ます♪

 

 

 

ちなみにリタッチで染める場合は

色味が強くないナチュラル系で染める事をお勧めします

理由は毛先の色味を足さなくて済むのでリタッチを続けられるから

 

 

 

 

そして、より罪悪感を無くそうと思ったら(笑)

 

 

ヘナで染める事をお勧めします!

ヘナだと罪悪感はゼロ

 

 

以前 「次回のヘナはいつ頃すればいいですか?」

って質問があったんでそれも絡めて明日の記事へと続きます。

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。