白髪染めとおしゃれ染めどっちが傷みますか?

友達は白髪染めは傷むからと言って

おしゃれ染めで白髪をごまかしてるみたいなんだけど

白髪染めとおしゃれ染めどっちが傷むんですか?

 

って質問があった

 

 

よく聞かれる質問の一つなんだけど勘違いしてる人も多い。

 

 


    こんにちは! JR南岩国駅から徒歩3分の美容院・プレイスの藤原です

  植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)

低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)

髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

 

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも

安心してご来店いただける技術と材料で 「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!  

 

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください

お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます  



 

 

ここで言う白髪染めとはグレイカラーなどとも呼ばれる一般的なヘアカラー

おしゃれ染とはファッションカラーなどとも呼ばれる一般的なヘアカラーの事です

(ヘアマニキュアやヘナ等の植物染料は除く)

 

 

 

 

 

●同じ色なら白髪染めが傷むって聞いた

●以前美容院で白髪染めの方が傷むって聞いた

 

 

って過去にお客さんが言ってた事があったけど

同じ色で比べる理由はちょっと分からない

 

 

白髪を隠すために白髪染めをするって事は白髪を染めて隠すって事でしょ?

おしゃれ染めで白髪をごまかすってのは黒白だと目立つから

黒髪を明るくして白髪との色の差を減らしてぼかすって事でしょ?

それなのに同じ色で比べる意味が分からない。

 

 

 

 

 

そもそも明るいおしゃれ染めで白髪に色は綺麗に入らないし

白髪染めで明るくするには限度もある

(昔に比べるとずいぶん明るい白髪染めができるようになったけどね)

 

 

 

 

白髪にはもともと色がないので、白髪を染めるにはしっかり染料を入れないと染まらない

染料が多い分白髪染めの方が傷む!

って思ってる人もいるけど染料だけじゃ傷まないからね

染料によるアレルギーかぶれと傷みを混同しちゃってる人もいるけど関係ない

 

 

 

 

黒髪を明るくするにはブリーチ(脱色)が必要で

明るくなるほどより強いブリーチ力が必要

 

 

ヘアカラーによる一番の傷みの原因は

ブリーチ作用(脱色作用)によるもの

 

 

白髪染めにもおしゃれ染めにもブリーチ力はあるので

どっちがどっちって言うわけじゃないけど

 

 

 

明るくなるほどブリーチ力は高くなるので

明るくなるほど(明るい色を選ぶほど)髪は傷む

 

 

 

その他にもカラー剤の種類による違いだとか、塗り方だとか、2液の濃度だとか

いろんな事が影響してくるけど

 

 

 

カラー後のアルカリ除去と加水除去がマジで大切!

即効性はないけど後々の髪の傷みは大違いです。

 

過去記事も読んでみて下さい

 

 

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


  Hairmake Place  美容室プレイス 岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。