ブリーチとジアミンはどっちが悪い?

 


 

営業中の質問

 

「ブリーチとジアミンはどっちが悪いんですか?」

 

 

答え難い質問なんだけど

 

 

髪が傷むのはブリーチ、アレルギーを起こすのはジアミン

だけど、ブリーチとジアミンは意味も働きも全く違う物だから比べる意味があまり無いかも。

 

 

 

 

 

 

ブリーチとは脱色剤の事、酸素で黒髪のメラニン色素を破壊して髪色を明るくする物

 

1剤がアルカリで2剤が過酸化水素、混ぜ合わせる事で急激な酸化反応が起きて酸素が発生する

メラニン色素を壊すから髪の毛は傷むし、アルカリ剤が肌にピリピリしたり頭皮が炎症を起こす場合もある

人間の肌は弱酸性だからってのもあるけど、比較的酸には強くアルカリには弱い

なのでブリーチや明るいヘアカラー剤に対して接触性皮膚炎、つまり肌が炎症を起こす場合もある

 

 

アルカリカラーにはブリーチが入ってると言うか

黒髪が明るくなるヘアカラーは絶対にブリーチ(脱色)効果が起きている

 

 

 

それに対して、ジアミンは色素 科学染料です

ジアミンだけだと発色し難いけど、過酸化水素と混ざる事で発色する

ジアミンだけを髪に付けてもほとんど色は入らないし、ほとんど傷まない

だけど、ジアミンはアレルゲン(アレルギーを起こしやすい物質)なのでジアミンアレルギーを持つ人にとっては命にも関係してくる

 

 

 

 

なのでブリーチとジアミンを比べてもあまり意味が無いと思います。

 

 

 

 

 

ちなみにおしゃれ染め・ファッションカラー・白髪染め・グレイヘアーなどと呼ばれるアルカリカラーには

ブリーチもジアミンも入ってます

 

オーガニックヘアカラーでもハーブカラーでもイチゴカラーでも同じ事

ブリーチで脱色をして、そこに発色したジアミンが入り込んで色付けします

 

オーガニックやハーブでは絶対に髪の毛は明るくなりません

勘違いしてる人が多いけど、染料や過酸化水素水はオーガニック栽培できないし

オーガニックっていうのは何かの物とかの名前じゃないからね

 

 

オーガニックカラーについては過去記事を読んでみてください

 

 

 

 

ジアミンなどの科学染料が入ってなくて、ただ単に脱色のみする薬剤の事をブリーチと呼び

科学染料(色味)が入った薬剤の事をヘアカラー(アルカリカラー)と呼んでます

 

 

 

なのであえて答えるなら

 

髪の毛が傷むのはブリーチで、かぶれ(アレルギー)の元になるのがジアミンです

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。