【ヘナ】色の重なり【インディゴ】

 

昨日に引き続きヘナとインディゴのお話です

 

 


 

JR南岩国駅から徒歩3分の美容院

プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で

「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

 

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 



 

 

ヘナって一言で言っても

 

 

 

●ヘナだけで染める

●ヘナとインディゴを混ぜて染める

●ヘナで染めた後に一度洗い流して、インディゴで染める

●ヘナとインディゴを混ぜて酸化剤を使い効率よく発色させる

 

の4種類の染め方がある

 

 

 

ヘナだけで染める場合はたぶんみんなが思ってる以上にしっかり染まる

(ヘナだけだと白髪がオレンジになっちゃうので白髪比率が低い人向き)

 

 

 

ヘナで染めた後に一度洗い流して、インディゴで染める

2度染めって言う方法も意外としっかり染まる

染めた直後は白髪が緑になるけど2日間程度かけて暗い茶色に発色していく

 

 

 

 

 

だけどヘナとインディゴを混ぜて1度で染める方法は染まりが弱い

酸化剤を使った場合でも染まりが悪い人はいるんだけど

 

こればかりは髪質によって違うので、どの方法だとどれだけ染まるかを明確にするのは難しいんです

 

 

 

 

 

例えば初めて染める場合

 

 

1本の白髪だと思ってください(笑)

 

 

 

 

初めて染めるとこの程度しか染まらなかったとする(個人差があるので例えです)

 

 

 

 

1ヶ月後、根元が伸びてきたのでもう一度染めると

毛先は前回のヘナの上に重なって入るので色が深くなる

 

 

 

 

 

また1ヶ月後に染めると

最初に染めた部分は3回分の重なりで深くなる

 

 

 

 

 

分かりやすいように色の差を付けてるからここまではっきり色の違いが出るわけじゃないし

黒髪の中にある白髪なので色の段差はほぼ見えないけど

イメージ的にはこんな感じ

 

 

 

 

なので同じ髪に1か月に1回染めた場合と半年に1回染めた場合だと

毛先の色は違うんですよね。

 

 

 

だけど個人差が大きくて

2度染めでほぼ黒に近い位に染まる人もいれば明るい茶色程度にしか染まらない人もいるし

1度染めでも綺麗に染まる人もいるので何とも言えないし飲み薬に影響されることもある

 

 

 

 

化学染料や化学反応を利用したアルカリカラーなら

ある程度カラーチャート(色見本)通りに染まるんだけど

自然な物しか使わないヘナにはカラーチャートなんて作れない

 

 

 

 

 

 

葉っぱに身を委ねてみよう♪

位の気持ちも必要かな?(笑)

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。