夏のクセ毛

 

 

クセ毛って、直毛と比べて水分の保持能力が低い

パサ付いて傷んだように見えるのは水分量が少ないのも原因の一つ

 

 

 

 

その為、湿度などの外部からの水分に影響を受けやすく

 

雨の日にクセ毛が酷くなったように感じたり

アイロンやブローをしても雨の日にはクセが戻るのは

外部からの水分(湿度)で髪の毛の中の水素結合が切れたりくっ付いたりする事で起きる現象

 

 

 

 

梅雨時期は湿度が高く・夏は汗が湿気となり

アイロンしてもすぐにクセが戻ってしまったり、クセ毛の助長にもなってるんです

 

 

 

 

 

梅雨・夏のクセ毛対策

 

湿度から逃げる事はできないし

汗をかかないって事も出来ないので

 

 

 

1番簡単な対策は

縮毛矯正(ストレートパーマ)をかける

 

 

全体をかけなくても、前髪だけ、顔回りだけ、表面だけ

色々なかけ方があります

 

 

 

真っ直ぐすぎるのが嫌いならば

ラウンドストレートで内巻きにする事も

 

 

 

ストカールで毛先にカールを付ける事だってできる

 

 

 

 

 

 

 

シャンプーやトリートメントを見直してみる事も大切

 

クセ毛専用シャンプーとかクセ毛専用のスタイリング剤などは

油分や皮膜で重みを出して無理やりクセ毛を抑え込んでる物なんだけど

 

 

油分で皮膜を形成すると、時間をかけてキューティクルを破壊し

傷みとなり、それでなくても少ないクセ毛の水分量がより低下してしまい

使えば使うほどパサパサ感が増していき、よりクセ毛も強くなってしまう!

 

 

 

無理やりクセ毛を押さえ込むよりも

髪の毛の機能が正常に働けるようにしてあげることが大切

 

 

 

 

そんな髪の毛を正常に働けるような状態にしてあげる事ができるのが

プレイスのオリジナルシャンプートリートメント

 

 

 

 

 

クセ毛で広がるからと梳きまくってる方も多いけど

梳いて軽くして、スタイリング剤で重くしてたらプラマイゼロどころかマイナス

 

クセ毛にはクセ毛に合ったカットも大切です。

 

 

 

 

 

クセ毛・加齢毛専用スタイリング剤を再開発中です!

お楽しみに~♪

 

 

 

 

 

Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21   0827-31-0057

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。