アトピーでも髪の毛を明るく染めたい!

 


 

つい最近の出来事なんだけど

新規のお客様から植物のヘアカラーの予約が入ったんですよね

 

 

 

その時 電話でよく話を聞いとけばよかったんだけど

ご来店されて話を聞いてみたら

 

 

黒髪を明るくしたいってのが希望だった

「アトピーでもプレイスのヘアカラーだったら大丈夫って聞いたから!」

 

 

 

との事…..(ホントごめん)

 

 

 

 

 

葉っぱをお湯で溶いて染めるだけだから

髪の毛は傷まないし、ジアミンアレルギーでもアトピーでも大丈夫なんだけど

 

 

植物染料で 黒髪を明るくする事は絶対に出来ません!

 

 

 

黒髪を明るく=脱色(ブリーチ)

葉っぱにメラニン色素を壊す働きは無いです

そんな葉っぱがあったら逆に怖いかも(笑)

 

 

植物のヘアカラーで染める事ができるのは

 

①白髪染め(白に色を入れる事はできる)

②アルカリカラーで明るく染めた髪の毛をトーンダウン(暗く)する為に染める

 

この2パターンのみです

 

 

肌が弱くてもアトピーでも妊婦さんでも安心して染めれる最高のヘアカラーだけど

黒髪を明るく染める事だけはどうしてもできません

 

オーガニックカラーとかハーブカラーって名前がついてても

黒髪が明るく染まるようならただのアルカリカラーです

 

 

 

 

 

アトピーだったら明るく染める事はできないの?

 

そんな事はない

 

まず、アトピーだからジアミンがダメって勘違いしてる人が多いけど

ジアミン=アレルギーを引き起こす物だから、アトピーとは直接関係ない

 

 

 

黒髪を明るくする為には脱色作用が絶対に必要

脱色作用(ブリーチ)にはアルカリと過酸化水素水が必要

なのでジアミンよりもアルカリ剤や過酸化水素水による刺激とか炎症の方がリスクが高い

 

 

だけど、黒髪を明るくするためには絶対にアルカリ剤と加水が必要なので避けて通れない

 

 

 

 

だったら 単順に頭皮に付けないように塗布すれば良い!

 

 

 

 

下が頭皮ね

 

 

 

 

頭皮から1~2cmくらい開けてカラー剤を塗れば直接皮膚に付く事がない

 

 

 

 

 

 

これじゃあ、根元染まらないじゃん!

って思うでしょ?

 

 

 

 

ヘアカラー剤(アルカリカラー)ってのは、髪の毛の中でも浸透していくから

こんな感じで皮膚には付かないけど髪の毛の中を薬剤が進んでいってほぼ根元まで染まるんです

 

 

 

 

 

 

ジアミンアレルギーが怖ければジアミンの入っていないカラー剤を使えば良い

ジアミンなんて無くても大丈夫!

ピンク系とかアッシュ系とかの色身は選べないけど黒髪を明るくする事はできる

 

 

 

 

もしくはインナーカラーのような感じで部分的に染めるってのも有りだし

色んな方法があるから諦める必要はないよ

 

 

 

だけど、どんな染め方をしても

シャンプーする時には どうしてもカラー剤が肌に流れてしまう

 

お湯で薄まってるし、肌に流れるのは短時間だけど

酷いアトピーで傷があるような状態なら沁みちゃうかもしれない

 

 

 

ちなみに冒頭のお客様は皮膚科で相談するって言ってたけど

医者はまず「やめなさい」って言う

 

だって何か起きたら責任問題だから、少しでもリスクがあれば避けるようにって言うのが普通でしょ?

 

 

ちなみにプレイスでも簡単にやりましょう!とは言えない

もしも って事が起きたら時の事を考えるとね…..

 

 

 

 

だけど、アトピーでもジアミンアレルギーでも

髪の毛を綺麗にしたいって気持ちは同じだし

何とかしてあげたい!って思うから

 

 

 

とにかく一度相談してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

美容院を開業したい!

次の記事

ブログ写真