発色の良いヘアカラー

 

グレージュ・アッシュベージュ・ミルクティー

食べ物かと思った人いない?

 

 

実は全部ヘアカラーの色味(笑)

 

 


 

 

こんにちは!
JR南岩国駅から徒歩3分の美容院・プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で

「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

 

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 



 

 

日本人は黒髪をベースに色を入れるんだから

ブリーチ無しで出せる色味には限界があるんだけど

 

 

カラー剤による発色の差も大きい

 

 

そもそもヘアカラーの薬剤ってとてつもない種類があるので

どこの美容院も同じものを使ってるわけじゃない。

 

 

 

 

 

一般の方に分かりやすいように書くと

カラー剤の中にはブリーチと染料が入ってて

 

 

明るくするのはブリーチ剤

色を入れるのは染料が担当する

 

 

例えば8トーンのアッシュの薬だと

ブリーチ剤で9トーンまで明るくして染料でアッシュを入れて8トーンに染める

(塗って置いてる間にブリーチと染料の両方が働く)

 

 

 

 

 

染料にも種類があって色持ちが良い染料もあれば、発色は良いけど色持ちが悪い染料もあるし

明るくするためのブリーチ剤もアルカリ度の違いがあったりで

同じ明るさで同じ色を選んでも染まり具合は変わってくる

 

 

 

 

 

ニトロ染料とか直接染料って呼ばれる染料はとにかく発色が良い

だけど色持ちは悪い

 

 

なので同じ8トーンのアッシュでも

10トーンまでブリーチしてニトロ染料でガッツリ色入れて8トーンまで落とせば

かなり発色の良いヘアカラーになるんだけど

 

退色が早くて色持ちが悪く、あっという間に毛先は金髪のようになって

ブリーチ力が高いから髪は必要以上に傷み、傷むことでより退色は早くなり

毎回毛先まで染めないとどうにもならないようになっちゃう

 

 

しかも染めれば染めるほど傷みは蓄積してどんどん退色は早くなる。

 

 

 

 

 

 

だけど発色を求めるのならそんなヘアカラーが1番です!

 

 

 

 

 

 

ちなみにプレイスのヘアカラー剤は

アルカリ度が低いので同じ明るさでも他メーカーよりはダメージが少なく染められる

その代わりに発色はそんなに良くない

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど髪のダメージに対してはとても良いカラー剤です。

(ちなみにPHとアルカリ度は上下と幅みたいな感じで同じPHでもアルカリ度が低い方がダメージは少ない)

 

 

 

なので

「透明感のあるアッシュ系で!」

って言われても断ります(笑)

 

 

 

 

同じヘアカラーでも美容院によって薬剤も考え方も全然違うからね♪

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。