泡カラーで染めると….

 

 

「泡カラーってどうなの?」

「泡カラーで染めてるけど縮毛矯正かけられますか?」

 

って質問があったけど

ヘアカラーの中でも特に泡カラーが髪の毛を傷めてしまうって事を知らない人が多い。

 

 

 


 

JR南岩国駅から徒歩3分の美容院

プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で

「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

 

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 



 

 

 

美容院のヘアカラーはクリーム状、市販のヘアカラーも昔はクリーム状ばかりだったのに

なんでヘアカラーを泡にしたのか

 

 

 

理由は単純 塗りやすいから

 

 

 

 

 

塗りやすくて使いやすいんなら美容院のヘアカラーでも泡状の物があっても良さそうじゃない?

だけど僕が知る限りは見た事も聞いた事も無い

 

 

 

 

 

 

クリームと違い泡だと髪の毛に密着しにくく染まりが悪くなる

美容院でヘアカラーしたら頭皮にくっ付けるようにペタッと押し付けられるような経験もあるでしょ?

 

あれはしっかり薬剤を髪の毛にくっ付けて染まりが良くなるようにしてるんだけど

泡だとそうもいかないし

実際に使ったお客さんに聞くと、塗って時間が経つと水っぽくなって流れてきたりするみたい

 

 

 

 

なので泡カラーには密着させるような成分がたくさん入ってるんだけど

それが原因で必要以上に薬剤が髪の毛に浸透してしまい髪の毛の傷みになったり頭皮への刺激にもつながる

 

 

 

だけど!

1番悪い原因はリタッチができない事

(リタッチとは前回のカラー後に伸びた根元部分だけを染める事)

 

 

 

 

 

そもそも泡カラーのメーカーのHPに載ってる写真が全体染めを仮定してるからね(苦笑)

 

 

 

 

 

毎回毛先まで塗ってるとどうなるかは過去記事で

 

 

塗りやすさというメリットと引き換えに

髪の傷みや頭皮への刺激というデメリットが出たんだけど

 

 

 

 

泡カラーって思った以上に傷むからね

 

 

 

ヘアカラーに限らず全てに都合の良い物なんて無いでしょ

何かを取れば何かが犠牲になるよね~

 

 

 

 

 

ちなみに泡カラーをしてた人にパーマやストパーをかけるのはかなりの高リスクです!

 

泡カラーで傷んでる現状とその上にパーマをかけるリスクをきちんと理解してもらえない人は

お断りします!

 

 

 

 

って言うくらいリスクが高いので

泡カラーだけはやめてね

 

 

 

 

カラー以外何もしない人で髪の傷みも受け入れられる人は泡でも何でも良いけどね。

 

 

 

 

美容院で染める事が1番望ましいけど、どうしても市販のヘアカラーで染めるなら

クリーム状を選んでできるだけリタッチをする事!

 

 

 

 

リタッチとは下の画像のように、前回染めた後に伸びた根元部分だけを染める事です。

 

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。