リタッチを続けると

ヘアカラーでも縮毛矯正(ストレートパーマ)でも

基本は リタッチ

 

 

 

 

プレイスに来て初めてリタッチを知ったという人もいるけど

これって本当に恐ろしい事です

 

 

 

これからは一般の方も知識を付けて、自分の髪の毛は自分で守る!

って意識を持つことも必要なのかもしれない…

 

 

 


 

JR南岩国駅斜め前の美容院 プレイスの藤原です

 

  植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ

低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)

髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

 

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも 安心してご来店いただける技術と材料で

「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください

お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます    



 

 

もう一度説明しておくと

 

 

 

リタッチとは

前回の施術後に新たに伸びた根本部分だけを染める事

(矯正(ストパー)の場合は新たに伸びた部分だけをかける事)

 

 

 

 

割れたら二度と治らない爪と同じで

一度傷んだ髪の毛は現代の毛髪科学では治せません

 

 

トリートメントは一時的な手触り向上等の誤魔化しでしかなく

健康毛に戻すことは絶対にできない。

っていうのが毛髪科学の先生方の意見

 

 

 

なので、前回のヘアカラーから何か月空けようと

前回のヘアカラーで傷んだ髪の毛が治る事はないのだから

その部分をもう一度染めればヘアカラー2度分の傷みになるわけです

 

 

 

 

 

 

仮に この方が3か月に一度全体を染めていたとすると

 

 

 

 

 

毛先は11回も染めた事になる

 

 

 

 

11日続けて染めるのも

3か月に一度で11回染めるのも

髪のダメージにそこまでの差はない

 

 

 

11日続けて染めるって考えたらどう?

怖くない?

 

 

 

染める回数が増えるほどダメージは蓄積されて

色落ちは早くなり、髪はパサつき、奇麗に発色しなくなる

 

 

 

 

だけど毎回リタッチだと、どの部分も1回しか染めていないから

ダメージも少なくてすむ

 

 

 

 

毎回全体染める

ダメージ大ですぐに色落ち

落ちるからまた全体染める

より傷んでもっと早く落ちる

以後ループの悪循環

 

 

美容師も一時的な綺麗だけを求めて

数週間後や数か月後のことなんて考えてない人が多いから

悪循環を生んでしまうんです

 

 

 

 

 

だけど、ヘアカラーをリタッチし続けてると

毛先の色落ちが気になるんだけど…..

 

 

そんな時は毛先にも色を足してあげればOK

 

 

 

一度染めた毛先部分はそんなに強い薬剤は必要ないので

微アルカリの1剤と濃度の低い2剤を使用し、根本と塗り分けることで

必要最小限のダメージで染められます

 

 

 

 

そろそろ色落ちが気になってきたなぁ

って僕が思った時に提案してるけど

 

 

気になり具合も人それぞれなので

自分が気になった時には言ってください。

 

 

 

 

一度傷んだ髪の毛は二度と健康毛には戻りません

普段からできるだけ傷めないような施術方法を続けていくことが重要です。

 

 

 

  じゃあまた (´・ω・ )ノ


  Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21 

 0827-31-0057  

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。