ストレートアイロンを使ってもクセ毛が伸びない

 

ストレートアイロンを使ってもクセ毛が真っ直ぐにならない

なんか良い方法ない?って質問を受けたんだけど

 

 

アイロンの温度とかももちろん大切だけど、水分量ってかなり重要!

ブラシを使ったブローでも同じなんだけど、乾燥しすぎると上手くいかないんです

 

なぜなら、髪の毛は塗れたり乾いたりするときに水素結合ってのがくっ付いたり切れたりしてるんだけど

その水素結合の切れたりくっ付いたりする時の力を利用する事で、クセ毛を真っ直ぐにしたりカールを付けたり出来てるんです

 

 

 

シャンプーは夜する人が多いと思うんだけど

アイロンは朝とか出かける前に使うでしょ?

 

 

朝って髪の毛は完全乾燥してるし、クセ毛の人は元々水分量が少ないし

そのうえ傷んでたりするとより水分量は少なくなってるので

完全乾燥した状態では水素結合の力を利用することが出来なくなって

アイロンの熱の力を使ってもクセが真っ直ぐになり難くなっちゃうってのが原因

 

 

 

なので、朝一度軽く水分を入れて(スプレイヤーなんかで水分を足す)ドライヤーで軽く乾かして

水分は飛んでるんだけど、カラカラには乾いてない状態を作る

もちろんアイロンでジュッって音がするくらい濡れてたらダメだけどね

 

 

 

 

それともう一つの原因はアイロンのプレートが綺麗に合ってなかったり

切れ毛などが多かったりして挟む毛量が少なく、アイロンのテンションがかかってないって事も考えられるんで

そんなときの対処法は

 

 

 

 

まずはアイロンとティッュペーパーを用意し

ティッシュは2枚重ねになってるから1枚に剥がす

 

 

 

巻きつけて、折りたたんで幅を調整してセロテープで留める

 

 

余った先も折り返して丸めてセロテープで留める(熱で溶けちゃうからプレート部分にセロテープがかからないように)

 

 

すると、こんな感じになる

 

 

 

表面に当たる部分側だけ付けてもいいし、両面に付けてもOK

テンションがかかりやすくなるし、毛量が少ない毛先部分でも伸ばしやすくなるので

真っ直ぐにならないなぁって感じる方、試してみてください

 

 

 

 

 

ちなみに僕がストレートパーマ(縮毛矯正)の時に片側だけにサラシを巻いて使うのは

裏表でテンションのかかり方を変えて丸みを付けやすくする為なのでまた別の理由です

 

 

 

 

 

 

 

 

ご質問があれば些細なことでもけっこうですので

LINE@でもこのブログのコメント欄でもお気軽にどうぞ~♪(ブログネタにもなるので大歓迎)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。