植物のヘアカラー(ヘナ+インディゴ)でもっと暗く染めたい

 

 

以前から植物のヘアカラーで染めていたお客様から

「植物のヘアカラーでもっと暗く染める事はできないの?」

と聞かれたのですが

 

 

 

そもそも黒という色素を持つ葉っぱは無く

数種類の色を足して茶色を作っているので、本当にナチュラルなヘアカラーで真っ黒に染める事は無理です

 

 

こんな風に青とオレンジを足して茶色を作るイメージです

青が増えれば濃い・深い茶色に、オレンジを増やせば薄い・明るい茶色に染まる感じです

(画像の色はあくまでもイメージです)

 

 

 

自然な葉っぱでできる限り暗く(黒に近い色に)染めようと思えば

2度染めが1番です

 

最初にヘナでオレンジに染めて

シャンプー後ナンバンアイで藍色を足して深い茶色を作るんだけど、24~48時間ほどかけて発色していくので

染まりあがり直後は白髪は緑色になりますが

発色が済めば深い茶色~ほぼ黒に染まります

 

 

ですが、同じ色で染めても髪質によって色が違うし、季節や収穫時期によっても左右されます

また、飲み薬(ホルモン剤)にも影響されます

 

ですが、髪の毛への傷みは全く無く、頭皮への負担も無く

安全に染める事ができるヘアカラーです

 

 

自然の葉っぱのちからで髪の毛を染める事ができて

髪は綺麗になり・クセ毛も収まり・パサつきも消えて・頭皮も綺麗にしてくれるので

デメリット以上にメリットが多いヘアカラーだと僕は思います

 

 

 

 

 

葉っぱの気分に身を任せて

その時々の多少の染まり具合の違いも楽しめる位の感覚でいられたら良いと思いますよ♪

 

 

 

 

 

 

2度染めで染めると色はこんな感じです(個人差があります)

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。