ヘナで染めるとキシキシする!?

 

植物染料(ヘナ・インディゴ)で染めると

髪の毛がキシキシする!?

 

 

 

 


 

JR南岩国駅斜め前の美容院

プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 

 



 

 

植物染料で染めた後数日間

シャンプー後の濡れた状態の時に髪の毛がキシキシするんだけど

これって髪の毛が傷んでるの?

 

 

 

って疑問に思った方もいると思うんだけど

髪の傷みとは関係のない、ヘナならではの現象なんです。

 

 


 

 

ヘナで染まる原理をもう一度説明すると

 

 

髪の毛にはタンパク質が詰まってるんだけど

 

 

 

ヘナの粒子はかなり小さいので隙間に入り込む

 

 

 

 

 

このままだと簡単に出てってしまうんだけど

ヘナ同士の粒子がくっ付いて大きくなり、髪の毛のたんぱく質(ケラチン)に絡みつく性質も持っているので

そのまま留まってくれて色持ちも良い。ってのが染まる仕組み

 

 

 

 

 

ちなみに傷んだ髪の毛や加齢毛はタンパク質が減少してるので隙間がたくさんある

 

 

 

 

その隙間をヘナが穴埋めしてくれるので

毛髪強化にもなりハリが出てパサつきも抑えられ、髪の毛が綺麗になる理由

 

 

 

 

タンパク質に絡みつく性質のヘナが髪の毛表面のキューティクルにもくっ付いてしまうから

表面に付いたヘナがキシキシした感じを起してるんだけど

キューティクルには表面上にしかくっ付いていないから、数回シャンプーすれば表面上のヘナは落ちてしまうので

数日間だけキシキシ感を感じてしまうのが理由です

 

 

 

それだけしっかりとヘナが吸着してくれている証拠なので

悪い事じゃなくむしろ良い事

 

 

 

ちなみにアルカリカラー後のキシキシはアルカリ剤やブリーチ剤による傷みや

アルカリ残留によるキシキシだったり、化学染料によるゴワゴワ感だったりするので

残留させないような後処理がとても大切なんです

 

 

 

インディゴはヘナの染まる仕組みとは違うので

インディゴだけで染めてもキシキシする事はないけど、インディゴだけで染める事がほとんどない。

 

 

 

 

ちなみにヘナは関係ないけど

髪の毛は濡れたときに多少キシキシしてるくらいが正常

赤ちゃんや小さい子の髪の毛って、シャンプー後はギッシギシだけど乾かすとサラサラになるでしょ?

あれが本来の人間の髪の毛なんです。

 

 

 

洗顔後に顔がヌルヌルしてたら気持ち悪いし

そんな洗顔料は肌に悪そうでしょ?それと同じです。

 

 

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21   0827-31-0057

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

強風!

次の記事

赤ちゃん筆完成♪