染めて終わりじゃダメ!

 

カウンセリングと提案をして、希望通りの色で綺麗に染める

 

これがプロの仕事だ!

 

 


 

JR南岩国駅斜め前の美容院

プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 

 



 

 

 

美容院で染めてもらうと、自分で染めるよりも綺麗に染まる♪

薬剤が良いからホームカラーよりも傷みが少ない♪

希望通りの色に綺麗に染まった♪

 

 

 

これこそプロの仕事だ!

 

 

 

って思う?

 

 

 

 

お金を貰うんだから、綺麗に染まったとか当たり前の事であって

特別素晴らしい事じゃない

 

 

 

 

イタリアンのランチを2000円位払って食べて

自分で作るパスタより美味しい!

って、家で作るパスタと同じだった方がびっくりするでしょ?(笑)

 

 

 

 

美容院でのヘアカラーやパーマは綺麗になるのは当たり前の事で

もっと大切な事がたくさんある

 

 

 

 

薬剤の選択・調合・時間で必要以上にダメージを負わせない事も重要だけど

後処理が大切

 

 

 

 

後処理ってのは、パーマやカラーの薬剤が髪の毛の中に残留しないように処理する事

特に重要なのはアルカリと過酸化水素水を残留させない事

 

 

 

パーマ液もカラー剤もアルカリ性

弱酸性の髪の毛にアルカリ性の物を付けるんだから

最後にきっちりと元の弱酸性に戻してあげないと髪の毛のダメージにもなるし

パーマやカラーも早く落ちてしまう

 

 

 

パーマやカラーの2剤として使う過酸化水素水は

反応すれば水に分解されるけど、反応しきれずに残留した加水(過酸化水素水)は

時間の経過と共に髪の毛に大きなダメージを与えてしまう

 

 

 

染めた直後やパーマ・ストパーの直後はツルツルして綺麗だったのに

1か月後にはギシギシ・パサパサになった経験がある人も多いでしょ?

 

 

あれが残留アルカリや加水による時間の経過と共に起こるダメージなんです

(ホームケアに原因がある場合も)

 

 

 

酢やクエン酸でアルカリ除去できるなんて書いてるネット情報もあるけど

酢もクエン酸もPHが低すぎるし酸度はほとんどないから収斂作用が起こるだけで余計に残留させてしまうので意味がない

 

 

 

 

なのでプレイスではPH5.5で酸度の高いバッファー剤を

パーマカラー後のシャンプー台で塗布しアルカリ除去をして

髪の毛を等電点の弱酸性に戻してあげてます

 

 

一般の方には分かりにくい話だけどPH5.5の酸リンスやバッファー剤なんてほとんど販売されていない

(酸リンスとしては桁違いのコストがかかる)

 

 

 

 

 

もう一つの残留物 過酸化水素水は

カタラーゼという酵素で除去しています

 

 

カタラーゼは人間の体の中にもある酵素で

過酸化水素水の分解能力は群の抜いて高い!

そしてコストも群を抜いて高い(笑)

 

 

トリートメントの中にカタラーゼがちょっとはいってますよ

みたいな商品は見たことあるけど

高濃度のカタラーゼは二つの商品しか知らない

 

 

使用してもその場で結果が見えにくいし、コストもかかるから

作るメーカーも使う美容院も少ないんだけど

 

 

 

バッファー剤もカタラーゼで行う後処理は

1番大切な事なんです

 

 

 

 

目先の綺麗だけじゃなく

時間が経った時の綺麗や内側の綺麗を作る事こそが

 

 

本当のプロの仕事だと思ってます。

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21   0827-31-0057

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。