井戸のある生活

家を購入した時、裏庭にコンクリートの蓋で塞がれてる井戸らしきものがあったんだけど

長い間使ってなかった感じだったから、水は枯れてるんだろうなって思ってた

 

今の周防大島じゃないけど、もしも何かあった時に井戸水が使えたら便利だし

引っ越した当初は家庭菜園を頑張ろうって思ってたから、井戸は魅力的だった。

 

 

何とかして復活させられないかなと思い、業者の人に見てもらうと

「綺麗な水が沸いてますよ」って予想外な言葉が返ってきた

 

 

そこで化粧ブロックで囲って高さを出してもらって、停電時でも使えるように手動のポンプを付けた

なんの木だったか忘れたけど、腐らない素材で作ってもらった上部の蓋なんだけど

2年も雨風にさらされてるとさすがに傷んできた

 

 

 

 

ペンキだと皮膜を作ってしまって木には悪いとかなんとかって聞いたので(髪の毛と同じだ)

皮膜を作らない防腐防虫塗料で上部の木の蓋を塗ってみた

 

 

 

 

 

あっという間に完成♪

 

 

 

 

 

見違えるようになった

 

 

 

井戸のある生活って良いよ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。