プレイス・オープン物語 Ⅲ

 


 

の続きです

 


 

 

月曜日とはいえ、オープン初日が来店客ゼロ、電話すら鳴らなかったというミラクル(笑)

 

 

二日目からは なんとかご来店があるんだけど

僕の予想の十分の一にもならない

 

 

 

なんとかしないと! と思い 広告を打つ事にした

 

 

当時「週間岩国」って週一で新聞に入る集合チラシがあって

それに月2回ペースで半年くらい載せ続けたんだけど

そんな時でも割り引きだけは絶対にしなかった

「とりあえず割引してでもお客さん呼べばいいのに。って当時は思ってた」と数年後に嫁は言う)笑

 

 

 

だけど広告代も馬鹿にならないし

店舗の家賃に返済・材料費・生活費は必要だし

 

 

すぐに利益が出ると思って、運転資金もほとんど借りなかったから

資金はすぐに底を付き、家賃や返済をしたらほとんどお金が残らない状態だった

 

 

 

 

仕方がないから、オープンからまだ3ヶ月しか経っていないのに

国民金融公庫に追加の融資をお願いに行った

 

 

 

 

 

 

 

 

「は?ついこの前融資したばかりでしょ?」

「返済も済んでないのに、追加融資? 親戚にでも借りれないの?」

その時の担当者の呆れ顔はいまだに忘れられないけど、とにかく頭を下げた

 

 

 

そしてなんとか150万の追加融資をしてもらった

 

 

その時は、たった150万がどうしても出せなかったし

当時の僕にとっては150万円ってお金はとてつもなく大金だった

 

 

 

 

その追加融資で、ストレートパーマ(縮毛矯正)と植物のヘアカラーをメインメニューに広告を打ち

ネットにも力を入れるようになった

 

 

 

だけどそんなにすぐに売り上げが上がるほど世の中は甘くない….

 

 

 

 

そのⅣに続く

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。