プレイスのヘナ

 


 

 

ヘナインディゴって一言で言っても

色々な物があるって知ってますか?

 

 

 

インドではヘナに等級があるって聞いたこともある

今はどうか分からないけど、南岩国のダイソーにも以前ヘナが売ってあった

成分表は「ヘナ」のみの表示だったからヘナなんだろう

 

本当に等級があるのかは実際にインドに行った事はない僕には分からないけど

100円で売っても利益が出るヘナが実際に身近に売ってあるって事は事実

 

 

 

マルチビジネス化したヘナもある

岩国でも活動してるみたいで、たまにお客様が誘われたりしてるけど

そのマルチビジネスヘナのメーカーは同じヘナを名前とパッケージを変えて美容院に半額以下で卸してる

やっすいへナを高い金額で買わされて、友達紹介したら半額とかになるみたいだけど、それよりもっと安い金額で美容院に卸してる

怒られそうだから名前は書かないけどね(苦笑)

 

 

 

 

ここ数年は第二次へナブームと呼ばれるくらいにヘナが再燃してるんだけど

個人輸入のヘナもめちゃめちゃ増えた

 

なぜか髭を生やしたおっちゃん達がインドにヘナを買いに行く(笑)

満面の笑顔でヘナをバックに写真を撮って個人輸入してくるんだけど

品質の安定とか管理は所詮個人輸入には限界があると思う(個人的見解だから怒らないでね)

 

 

 

話は脱線するけど、足裏へナとか身体の毒素をヘナは排出してくれるとか言う人もいるけど

そんなわけない

ヘナを売りたいが為に適当な事を言ってるだけで科学的根拠なんて全くない

そんな事をいうからヘナが胡散臭くなるんですよね

 

 

 

話は戻って、実際に個人輸入系のヘナは収穫時期等による品質の差が大きいんだけど

大きいメーカーは、沢山の農園と専売契約してるから品質も常に安定してる

 

 

 

 

なのでプレイスで使用するヘナやインディゴは大手輸入メーカーから仕入れてます

 

 

 

 

美容院のヘナやインディゴは1パック500gとかで入ってるけど

封を開けたときから空気酸化が始まるし、密封パックですらないメーカーも多いんです

 

 

 

 

プレイスのヘナとインディゴは100gずつの個別包装なので1回で使い切る

しかも紫外線を通さないアルミパックに入ってくる

 

 

 

 

 

 

その中にも2重パックで日焼け防止の為の色付きパック

 

 

 

 

 

しかも真空パックという厳重さ

 

 

 

 

 

完璧!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。