ハイカーボンステンレス鋼

 


 

 

毎朝30分のルアー釣りが日課になってます(笑)

 

 

 

 

 

釣りと料理が好きな僕は 包丁にもこだわりがある

 

刃は鋼、柄は天然木が良い

 

 

木の柄は劣化してくるし、鋼の刃はすぐ錆びるけど

切れ味とまな板に刃が当たった時の感触が良い

 

 

 

 

大きな魚を捌くときは鋼の出刃を使い、刺身を引くときは鋼の刺身包丁を使う

上の出刃包丁は嫁のおばあちゃんが使っていた物で、サビサビになって放置されていた物を研ぎ直した

下の刺身包丁は20年くらい使ってる物だ

 

 

 

 

 

菜切包丁も鋼の刃の物を昨年購入した

 

 

 

 

 

だけど、鋼は錆びやすいから毎日使う包丁には手入れが面倒

 

 

 

 

 

 

だから普段メバルやアジなどの小魚を捌くときはステンレスのペティーナイフを使ってる

このぺティナイフもかなり刃の厚みがあるからパワーもあるし、皮を引くときなんかはすごく使いやすいんだけど

刃の高さがないから、中骨を経ち切る時は使いにくい(言いたい事が伝わるかな?)

 

 

 

 

 

なので小出刃を買う事にしたんだけど

基本小出刃って鋼の刃が多いんですよね

 

 

 

 

 

毎日のように使うから鋼は手入れが面倒臭いんだけど

ステンレスは硬度が低いから切れ味がそれなりだし、すぐに切れ味も落ちる

 

 

 

 

 

「なんかないかなぁ~」 って探してたら良い物を見つけた

 

 

 

 

 

それが

ハイカーボンステンレス鋼の片刃の小出刃

 

 

 

 

鋼にクロムを混ぜると錆びにくくなるけど硬さがなくなる。これがステンレス

 

 

そのステンレスのクロム量を減らし炭素を増やしたのが

ハイカーボンステンレス鋼

 

 

 

 

硬度が上がり切れ味が鋭く長切れするけどステンレスよりは錆びやすい

だけど鋼ほどは錆びない。っていう素材

 

 

 

 

 

知ってる風に書いてるけど実は全然詳しくない

そんな素材があったことすら知らなかった(笑)

 

 

 

 

 

でもこの小出刃はマジで良さそう!

刃渡りは11cmなのに 刃の厚みは4mm位ある

手にした時のずしっ!とした感触が良い感じ

 

 

 

 

 

刃はちゃんと付いてたけど

新しく購入した包丁はまず自分で研いでから使うのが僕の流儀

 

 

 

 

 

砥石の前後運動と違い、機械で研ぐと一定方向になって誤差が出にくく素人でも綺麗に研げるから

恐ろしいくらいの切れ味になった(産毛も剃れる)

 

 

 

 

 

 

実際に使ってみたけど、ステンレスより全然切れ味が良い

使った感覚は鋼の包丁と変わらなく感じた(素人の感想)

 

パワーもあるからメバルの中骨位だったらほとんど抵抗なく経ち切れる

これは良い買い物だったな♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。