加齢によるパサつきを抑えて綺麗にしたい!

 

年齢と共に肌が変わっていくように

髪の毛も加齢による変化が起きてしまいます。

 

 

バランスの良い食事と生活習慣

シャンプーやトリートメントに気を付けても

 

 

残念ながらほとんどの部分は改善できません!

 

 

 

色々やってきても変わらなかったでしょ?

 

 

 


 

こんにちは!

JR南岩国駅すぐ近くの美容院・プレイスの藤原です

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)

低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)

髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

 

特にクセ毛・40代以降の方はお任せください!

 

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください

 

お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます


 

 

ヘアオイルやアウトバストリートメントを付ければ

一時的には改善できるけど根本的な解決にはならないし

デメリットの方が大きかったりもする

 

 

ファンデーションを塗れば肌が綺麗に見えるけど

肌質改善なんてできないでしょ?

むしろ24時間ファンデーションを塗り続けると肌はもっとボロボロになるのと同じです

 

 

 

ヘアオイル等のデメリットについて⇩

 

 

 

 

一日の汚れ(皮脂)をシャンプーでしっかりと落として

肌で例えると化粧水を付ける(それが洗い流すトリートメント)

 

 

 

髪の毛は濡れているときは多少キシキシしてるのが正常です

必要以上にいろんなものを付けすぎない方が髪の毛は綺麗になります。

 

 

 

 

 

加齢によるうねりはパサつきは

色々な原因があるんだけど

 

骨で言う骨粗しょう症状態のようになってしまって

髪の毛のパサつきが起こってしまいます

 

 

 

髪の毛の曲がり角は30歳と言われています

年齢を重ねる事で髪の毛のタンパク質が減少していく事を【カルボニル化】と言います。

 

カルボニル化すると、毛髪内部のたんぱく質や水分量が減少していき

20代と比べると、40代で約10%・50代で約25% 減少する

 

特に頭頂部の毛髪がカルボニル化が進んでいく

ちなみに肌のカルボニル化が進むと、透明度が低下し水分保持力の減少になる

 

つまり、加齢でカルボニル化してしまう事で

髪はパサつき、うねったりちりついたりして艶が消えていく….

それが加齢毛。

 

 

 

骨粗しょう症になったからと言って

何かを塗ったと事で変わらないのと同じで

 

髪の毛に何かを付けてもカルボニル化は防げません

 

むしろ骨には修復能力があるけど

髪の毛にはないので、余計に無駄な事をしてるんですよ。

 

 

 

 

唯一デメリットが無く加齢毛に効果的なのは

ヘナ

 

 

 

 

 

ヘナにはカルボニル化で出来た毛髪内部の穴埋め効果があるので(オレンジ色がヘナの色素)

加齢毛によるうねりやパサつきを抑えてくれる効果があります。

 

 

 

 

色味の制限があったり

時間もかかるし染まり具合も化学染料ほどがっつりとは染まらないけど

肌にも髪にも安心して染める事が出来ますよ♪

 

 

 

とにかくヘアオイルやアウトバストリートメントなんて

必要以上に付けない方が髪の毛の為です

 

 

 

何も付けなくても問題ないのなら

何も付けない方が良いんです。

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。