白髪染をすると白髪が増える!?

 

「白髪染めをすると白髪が増えるから

できれば染めない方が良いんでしょ?」

 

 

って質問がありました。

 


こんにちは! JR南岩国駅から徒歩3分の美容院・プレイスの藤原です

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)

低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)

髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

 

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも

安心してご来店いただける技術と材料で

「本当の綺麗と安心」を提案します

 

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください

 

お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます



 

 

ヘアカラーの2剤として使われる過酸化水素水は活性酸素の一つだから細胞の老化を促すとか

カラー剤の反応で活性酸素が発生してメラノサイトを攻撃してしまい

結果メラニン色素を作れなくなり白髪になる

 

 

 

染めれば染めるほど白髪が増えるんだ!

 

って言うメーカーもあるし

 

 

 

うちの過酸化水素水は活性酸素を生み出さないから大丈夫!

っていう過酸化水素水を販売するメーカーもある

 

 

 

美容師間でも「その通り!」「いや!そんなわけない!」みたいなやり取りもあるけど

目で見えるような物じゃないので、一美容師には確かめようがない….

 

 

 

 

これは僕の個人的な感想で何の確証もないけど

若いうちからブリーチやヘアカラーを繰り返してる人って白髪比率が高いような気もする

 

 

 

他には実際に見た出来事で

アルカリカラーでずっと白髪染めをしてた人がヘナに変えて数カ月したら

白髪が減ったって言う人が何人かいたし

実際に確実に減ったお客さんもいた

 

 

ずっと来てるお客さんだったから、僕の目で見ても確実に白髪の量が減ったんだけど

もしかしたらアルカリカラーで染める事が頭皮ストレスになっていて

ヘナに変えた事で頭皮ストレスが無くなった結果白髪が減ったのかもしれない

 

 

こんな話をすると「そんなわけないだろ!」っていう人が出てきそうだけど

ないともあるとも証明できない

 

否定するだけなら誰でも簡単にできるからね。

 

 

 

 

なので僕には分からないし確かめようはないけど

アルカリカラーよりもヘナの方が髪にも肌にも負担はかからないので

ヘナを選択する事も一つだと思います

 

 

だけどアルカリカラーでないとできない事も多いので

アルカリカラー後はしっかりとアルカリ除去と過酸化水素の除去をして

頭皮に残さない事が大切だと思います。

 

 

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。