ストレートパーマ(縮毛矯正)で出来る事

 

ストレートパーマ(縮毛矯正)って誰でもかけるわけじゃないし

毎月のようにかける人もいれば、数年に一回の人もいる

 

しかもこの10年位で美容院のメニューの中で1番変化(進化)した技術でもある

 

だから一般のお客様にはストパー(矯正)の知識が昔のまま止まってる方が多い

それどころか、美容師ですら知識や技術が昔のままで 20年前のストパーをいまだにやってる美容院の方が多い

 

 

昔だったら肩上のボブなんて毛先まで不自然に真っ直ぐで、前髪はひさしのようになって金太郎状態だったけど

 

 

今はクセ毛を伸ばしつつ、自然な丸みを付けて仕上がる

 

 

 

 

真っ直ぐしかなかった選択肢

今ではカーブもカールも自由自在、スタイルに合わせてここは真っ直、ここには丸みを付けることもできる

 

 

昔だったら傷みが酷すぎるとお断りするしかなかったけど

今は弱酸性の薬剤を使用すれば施術できるようになった

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに強いクセ毛でも、黒人さんのような縮毛でもストレートにできる

そんな夢のようなストレートパーマ(縮毛矯正)だけど

 

 

 

 

 

 

一番事故が多いのもストレートパーマ(縮毛矯正)

という現実

 

 

 

 

 

一般の方が聞いたら???って感じだろうけど

ストレートパーマ(縮毛矯正)の知識の乏しい美容師さんがとても多いから事故が起きちゃう

 

 

ちなみに、失敗と事故って2種類あって

失敗はかけ直したり、染め直したり、修復できるミスの事

 

事故とは修復不可能なミス  その部分を切るしか方法がない状態

 

 

 

他店でのストレートパーマ(縮毛矯正)の失敗後、プレイスにご来店されるお客様が多いんだけど

お客様に知識があれば事故を防げただろうなぁ って思う事も多いので

 

 

ストレートパーマ(縮毛矯正)の失敗を防ぐ方法

を何回かに別けて書いていこうと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。