【動きと軽さ】【収まりと重み】は対極的

 

 

軽くて動きがあってそれでいて収まりが良い

 

 


 

 

こんにちは!
JR南岩国駅から徒歩3分の美容院・プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で

「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

 

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 



 

 

軽くて動きがあってそれでいて収まりが良い

って聞くといい感じのスタイルを想像するでしょ?

 

 

だけど言い換えれば

 

カバー力が高いけどナチュラルなファンデーション

無添加だけど常温保存で長持ちする食品

 

 

もっと言えば

活発だけど大人しい子

 

みたいなもん(笑)

 

 

 

 

軽さを取れば収まりは犠牲になり、重みを取れば動きは犠牲になる

特にクセ毛の方には顕著に表れます。

 

 

 

 

 

 

軽くしようと思ったら

レイヤー(段)をつける・梳く

 

重くしようと思ったら

レイヤー(段)を付けない・梳かない

 

こんな感じで正反対の事をしなきゃいけない。

 

 

 

動きを出すにはレイヤー(段)が必須

収まりをよくするには重さで抑える必要がある

 

 

 

って感じで【動きと軽さ】【収まりと重み】は対極的なんです。

 

 

 

 

レイヤー(段)の付いていないスタイルはこんな感じで

 

レイヤー(段)が付くとこんな感じになる(同じモデルさん)

 

 

 

 

 

 

レイヤー(段)の付いてないスタイル

レイヤーが入るとこんなに変わる(これも同じモデルさん)

 

 

 

 

どちらも矯正(ストパー)をかけてるから綺麗に収まってるけど

かけなかったらクセ毛で暴れまくっちゃうからね

 

 

 

 

 

 

 

動き(軽さ)と収まり(重み)のどちらに重点を置くのか

自分の中で決めた方がスタイルを選びやすいです

 

 

 

それと、自分でどこまでスタイリングできるのかによって

どこまで攻めるかを決めてけばいいと思います。

 

 

 

 

髪質もスタイルも人それぞれなので

まずはご相談ください。

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。