ヘナの2度染めは疲れちゃう…

 

ヘナとはミソハギ科の指甲花の葉を乾燥粉砕したものを

水で溶いて髪に塗る自然派のヘアカラー

 

 

カラーかぶれ・敏感肌・髪の傷みで悩んでる人にとっては

まさに救世主!

 

 

 

だけど2度染めは2時間以上かかるから疲れちゃう….

 

 


 

JR南岩国駅から徒歩3分の美容院

プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で

「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

 

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 


 

 

ヘナを知らない人の為にもう一度説明しとくけど

 

ヘナで染めると黒髪はほぼ黒髪のまま

白髪はオレンジ色に染まる

 

 

 

 

 

白髪比率の低い人だと白髪がぼけて見えなくなり

 

 

艶が出てクセ毛も収まり綺麗な髪になる

 

 

 

 

 

 

だけど白髪比率が高くなってくるとオレンジが表に出てきすぎて

こんなになっちゃう(笑)

 

 

 

 

実際に根元が伸びた白髪比率が高い人をヘナだけで染めるとこんな感じになる

 

 

 

 

 

さすがにオレンジだと困るから

インディゴと呼ばれるナンバン藍というマメ科の植物の葉を使用するんだけど

 

 

 

ヘナとインディゴを混ぜて1度で終わらす染め方と

ヘナで染めて一度洗い流した後にインディゴでもう一度染める2度染めという方法がある

 

 

 

1度染めの場合はヘナとインディゴの調合で色の調整ができるんだけど

混ぜてしまうと染める力は落ちてしまうので

 

白髪比率が高くなりすぎると綺麗に染めるのは難しくなって白髪をぼかす程度になってしまう

 

 

 

そんな時は2度染めを選択するんだけど、とにかく時間がかかる

そりゃあ2回も染めるんだから単純計算で2倍だもんね(汗)

 

 

そんな場合は2度染めと1度染めを交互にするのもお勧め

 

 

だけど周期が長いと伸びてる部分が多くなり

1度染めの部分の染まりが気になるから交互に染める場合は短い周期がいいと思います。

 

気になる周期は人ぞれぞれだし、周期が長くても交互に染める事は可能だけど色の差が気になっちゃうかも?

 

 

 

やっぱり白髪を1番綺麗にしっかり染める方法は

ヘナとインディゴの2度染めです

 

 

 

 

 

白髪比率や気になる度合いは人それぞれなので何とも言えないけど

2度染めと1度染めの交互も選択肢に入れてもみてもいいかもしれませんよ♪

 

 

 

 

 

 

 ヘナとインディゴを使った白髪染めで他の方法もある

純粋な葉っぱ以外は絶対に使いたくない!

って人には向かないけど

 

 

酸化剤を使って1度染めでも割としっかりめに染められる方法もあります

酸化剤を使うからっといって髪の傷みにはなりません。

 

 

 

ちなみに僕はカラーアレルギー持ちだけど酸化剤を使っても大丈夫です

パッチテストはいつでも受け付けてますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。