何でだろう?パーマがかからなかった…

 

以前他店でパーマをかけたけどかからなかった

かけ直してもらったけど、それでもかからなかった….

 


 

JR南岩国駅から徒歩3分の美容院

プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で

「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

 

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 



 

 

1年以上前の事だしその時の状況が分からないので

今となってははっきりとした原因は分からないけど

 

 

結構な頻度でフルカラー(全体染め)をされてたみたいなので

もしかしたら傷みが原因だったのかもしれないですね

って話になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

健康な髪の毛の中にはタンパク質がしっかりと詰まってるんだけど

傷んだ髪の毛はたんぱく質が流れ出てスカスカになってる

「骨粗しょう症」のような状態

 

 

 

 

パーマもストパーも薬液を毛髪内部に作用させて

曲げたり真っすぐにしているので

傷んで中身が少なくなった髪の毛は薬液が作用する場所が少なく

綺麗にかからなかったりすぐ落ちてしまいます。

 

 

 

↓↓↓過去記事に書いてるけど

 


 

髪の毛の内部には結合がある

1剤で結合を切り

アイロンで真っすぐにして

新たに結合を繋ぎ直すのが縮毛矯正(ストレートパーマ)

 

 

 

 

 

だけどハイダメージ毛は結合自体が少なくなってる

(軟毛や加齢毛も同じような現象が起きている)

 

 

 

 

1剤で結合を切り真っすぐにして繋ぎ直しても

 

 

 

 

 

結合するものが少ないから固定できなく

かからなかったり、すぐに元に戻ったりする

 

 

 

なのでブリーチやハイダメージ毛への矯正やパーマは難しい

 

 


 

 

 

こんな理由なんだけど

 

 

 

頻繁なフルカラーをするとどのくらい髪が傷むのかを分かりやすく書くと

 

 

健康毛(パーマもカラーもしていない状態)が中身が100%詰まってるとしたら

カラーを1度すると80%まで少なくなる

同じ部分にもう一度カラーをすると60%

 

2回ヘアカラーをすると半分近くまで中身が減ってしまうので

例えば下の画像で毎回フルカラーをしてたとしたら

毛先は20~30%程度しか中身が残ってないって事になる

30cmの長さの人が2カ月に一度フルカラーしてたとしたら

毛先は10回は染めた事になる

30cmって肩上だから、肩下の人だったらすごい事になるでしょ?

 

 

 

そんな状態にパーマをかけても綺麗になると思う?

 

 

 

 

 

カラーやパーマをしても時間が経てば健康毛に戻るわけじゃない

割れた爪が治らないのと同じで傷んだ髪の毛は二度と健康毛には戻らない

 

 

髪の毛の傷みは回復せず蓄積していくだけです

 

 

 

 

 

それと1番怖いのは

パーマやカラー直後のトリートメント

 

 

「パーマやカラーの後は傷みやすい状態なのでトリートメントした方が良いですよ」

こんな風に言われた経験がある方多いでしょ?

(ここで言うトリートメントとは美容院のメニューのトリートメント)

 

 

 

だけど

パーマやカラー後のトリートメントこそ

髪の毛を傷めてしまう原因なんです!

 

 

 

 

次回に続く

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。