弱酸性パーマをかけたい

 

ご新規の方で「弱酸性パーマ」をかけたい

ってご予約が入った

 

 

ご来店されて、髪の状態を見せてもらうとそこまで傷んでる状態でもないから

なぜ弱酸性パーマをかけたいのかを聞いてみると

 

「髪に良いから」

との答えでした。

 


 

JR南岩国駅から徒歩3分の美容院

プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で

「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

 

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 


 

 

髪の毛や肌と同じ弱酸性

 

確かに聞こえも良いし髪に良さそうな感じもするけど

使い方によっては「普通のパーマをかけた方が良かった….」って事にもなる

 

 

 

って書くと悪いように聞こえるかもしれないけど

弱酸性の薬剤は良いですよ!

 

 

昔はアルカリ領域でないとパーマなんてほぼかからなかったんだけと

新しい薬剤の登場で酸性領域でもパーマがかけられるようになった

 

 

 

 

アルカリと弱酸性の薬剤を

同じ時間だけ置いて同じように使ったら

絶対にアルカリのパーマ液の方が傷む!

 

 

だけど、髪質によっては

弱酸性の方はほとんどかからなかったり、すぐに落ちてしまう事だってある

 

 

 

 

弱酸性だからって2週間に一度かけてたら傷むし

アルカリだけど半年持つんだったらそっちの方が良いでしょ?

 

そもそも弱酸性でもないのに酸性パーマだって言ってる美容院もあるんだから

わけ分かんなくなるよね(苦笑)

 

 

 

 

 

だけど、弱酸性でないとかけられないケースもある

 

 

 

 

デジタルパーマや縮毛矯正(ストレートパーマ)は薬剤の力+熱の力も使うので

弱酸性でも幅広く対応できるけど

 

普通のパーマで弱酸性の薬剤を使った方が良いケースはそんなにないかなぁ

そもそもアルカリの薬剤を使えないほどの傷みのある髪の毛にパーマをかけるって選択自体がどうなのかって話にもなる。

 

 

 

 

だけど、傷み以外の理由で弱酸性パーマを選択する場合もあります

細くて軟毛で微シス毛って呼ばれるような髪の毛には弱酸性パーマの相性がいい!

 

 

 

 

細くて軟毛だとアルカリがすぐに効いちゃうけど

そもそもタンパク質が少ないからなかなかパーマがかからない

 

 

テストしてもかかってないからって、もう少し時間を置くとアルカリに反応しすぎてテロ~ン(汗)

だからと言って早めに2液を付ければかかってない(滝汗)

 

 

たとえかかったとしてもすぐ取れちゃう(涙)

 

 

 

 

そんな髪質にもピッタリなのが弱酸性パーマ

 

 

 

 

細くて・軟毛

不通にパーマをかけてもチリチリしたり、すぐ取れちゃったりそもそも綺麗にパーマがかからない

そんな人いるでしょ?

 

 

 

 

 

それを弱酸性でパーマをかけるとアルカリ剤がなくても還元できるから

じっくり還元させてタンパク移動させるようなイメージで使用する

 

 

じっくりって言っても1剤放置は5分だけ

あとはお湯をかけるだけでこの超軟毛の微シス毛でも綺麗にかかる

 

 

 

 

 

 

この人の髪はアルカリだと絶対にこんな風にかからないんですよね

 

 

 

 

 

 

アルカリだから髪に悪い

弱酸性だから髪に良い

ってわけじゃなく

 

 

 

 

髪質や状態によって使い分ける事が大切

 

 

 

まずはご相談ください。

 

 

 

↓同じモデルさんに弱酸性デジタルパーマをかけた施術例

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。