界面活性剤の入ってないシャンプー!?

 

「このシャンプーには界面活性剤が入ってますか?」

って聞かれたんだけど

 

界面活性剤の働きは、水(お湯)と油(皮脂等の汚れ)を混ぜ合わせて(乳化)

洗い流すためのもの、シャンプーが泡立つのは乳化された証拠なので

使ってるシャンプーが泡立つなら界面活性剤が入ってるって事です。

 

 

 

 

「っていうか、界面活性剤の入ってないシャンプーなんてないですよ」

って答えちゃったんだけど

 

 

 

最近市販のシャンプーだったと思うんだけど

界面活性剤不使用のシャンプー広告を見た! Σ(´Д` )

って後から思い出しちゃって…..

 

 

 

 

ちなみに界面活性剤を使わずに汚れを落とそうと思ったら

目には目をじゃないけど、汚れ(油)には油です

 

メイクで言うオイルクレンジングのような感じ

 

 

 

界面活性剤不使用のシャンプーでも皮脂の油汚れは落とせるけど、スタイリング剤とかはきれいに落ちないだろうし

髪の毛には最悪でしょうね

 

 

 

 

なので、シャンプーに界面活性剤は必要だと思います

 

 

 

 

ちなみにそのお客様が

「洗剤には裏面に界面活性剤って書いてあったのに、シャンプーには書いてない」

っておっしゃってたけど

 

シャンプーは人体に使うものなので、界面活性剤と表記するんじゃなく

どの界面活性剤を使用しているかを書かなければいけないんです

すごいたくさん種類あるけどね

 

 

日本ではペット用シャンプーには界面活性剤の種類まで書く必要はないので

洗剤と同じく「界面活性剤」表記でOKなんです(洗剤扱い) ( ̄□ ̄;)

 

 

合成界面活性剤がどうとか、アミノ酸系がどうとか書いてるサイトも多いけど

そんな単純な物じゃないんですよ(作ってみたから分かる)

 

 

シャンプーも奥深いね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。