マニキュアは傷まない?

 

 

「ヘアマニキュアは髪の毛が傷まないんでしょ?」

 

 

マニキュアは髪の毛を傷めない色の付くトリートメント

クリア(透明)のマニキュアはトリートメントとして使用します

ってのが過去の話

 

 

残念ながら今の毛髪科学の考え方では

ヘアマニキュア=髪の毛を傷めてしまう 物なんです

 

 

 

ちなみにヘアマニキュアはタール系染料って科学染料

絵の具のようにいろんな原色がある

 

酸化染料って呼ばれててPHが酸性なので、塗ることで髪の毛がプラスイオンを帯び

マニキュアのマイナスイオンを帯びた染料がイオン吸着で髪の毛表面にくっ付くんだけど

分子量が小さいので多少の染料がキューティクルの隙間から入り込んでいって表面のちょっと中まで色が付く感じ

赤い●がマニキュアの染料だと思ってください

 

 

ただし、黒い髪の毛は明るくならないし(脱色効果がない)

表面にくっ付く感じなので徐々に色落ちしていく

 

 

 

ヘアマニキュアは傷まないって思ってた常識が

多少傷めてしまうに変わってしまってからは以前ほどメリットがなくなってしまい

正直言って今はヘアマニキュアをされる方は少ない

 

 

個人差はあるんだろうけど

爪のマニキュアも常に塗ってると爪が傷んでくるでしょ?

(僕は爪のマニキュア塗らないからよく分からないけど)

あれと同じイメージで髪の毛も傷んでいってしまう

もちろん理由は爪とは違うけど

 

 

今ヘアマニキュアを使う場面といえば

原色系の色を出したいときとか、黄ばみ消しとかの補色にしか使わないかなぁ

 

 

 

髪の毛を傷めずに染めようと思ったら植物染料が1番だね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。