水パーマ?水カラー?

 

ご新規のお客様がご来店され

「肌が弱くてヘアカラーにもかぶれるから、ずっと水パーマと水カラーをしてもらってました」

とお話しされました

 

 

そういえば水パーマっていつ頃出たんだろう?

最近はあまり聞く事がなくなったから忘れてたけど流行らなかったよね

 

 

水パーマって聞くと、まるで水でパーマがかけれるように聞こえない?

 

そのお客様に「水パーマも水カラーも薬剤は普通の薬ですよ」って言ったら本気で驚いてたもん

 

ちなみに水パーマはスチーム(水蒸気)をあてながらパーマをかけるから

水蒸気=水 で水パーマってだけ

パーマ液自体は特に変わった物でもなんでもない普通のパーマ液

スチームでパーマ液の浸透が早くなるので、優しいパーマ液が使えて、傷めず綺麗にパーマがかかりますって感じの売り文句だったけど

ヘタをするとスチームの温度でパーマ液が効きすぎて普通のパーマ以上に傷んでしまうっていう微妙なパーマ

 

だから流行らなかったんだろうね

 

 

 

ちなみに今のパーマ液はコールドパーマって呼ばれてて、冷たいまま(加温せずに)使う前提で作られてる

 

 

だからといって水パーマを否定するわけじゃないけど、わざわざスチームをあてるメリットもないかな?

演出として高料金を取るためのスチームだからね。

 

蒸気を髪にあてながらパーマかけてもらったら、何となく髪にも良いように感じるでしょ?特別感とか高級感も出るし(笑)

 

 

 

ちなみに冒頭のご新規のお客様はジアミンアレルギーではなかったけど

水カラーだとかぶれないってのは100%当てはまらないので要注意です

 

 

 

こんな話をそのお客様としてたら

「水パーマなのに、すごい髪が傷むなぁって思ってた」 だって

 

 

 

○○パーマ ○○カラー とかネーミングで印象操作するメニュー名が多すぎると思うんです

水でパーマなんて絶対かからないし、ハーブや昆布やお茶で髪が染まるわけない

 

メーカーさんも商売の為に一生懸命なんだろうけど、なんだかずるいなぁって感じるのは僕だけかな?

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。