2種類のアイロンを使って縮毛矯正(ストレートパーマ)

 

「2種類のアイロン使ってかけるんですか?」

って驚く人もいるけど

 

 

それにはちゃんとした理由がある。

 

 


 

JR南岩国駅斜め前の美容院

プレイスの藤原です

植物(葉っぱ)で染めるヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます


 

 


 

 

2種類のアイロンって言っても

同じアイロンを2本使ってるんだけど

 

 

 

 

1本はそのままで、もう1本には下側のプレートに布を巻いて使ってる

 

 

 

 

 

 

布を巻く理由は2つあって

 

 

 

1つは二つのプレートのテンションを変える事で

「内巻きやカールをストレートアイロンで作る」

 

一般の方にはテンションを変えるとかって言われても分かり難いかもしれないけど

丸みのある縮毛矯正を作るには絶対に必要なんです

 

それに、コテ(丸いアイロン)だとカールは作れてもクセ毛を伸ばせないでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

もう一つの理由は

「捻転毛を伸ばす為」

 

 

捻転毛とは捻れのあるクセ毛の事

 

 

 

 

捻れてる毛をアイロンで挟んで引っ張っても捻じれは取れない

捻ったタオルをただ引っ張っても捻れたままでしょ?

 

 

そこで布でテンションをかけつつ、プレートを細かいテンション調整しながら

「捻転毛の捻じれを取る為」に布巻きアイロンが必要!

 

 

 

 

なんだけど、布巻きだけだったら意味がない

アイロンのテンションの強弱で転がすように捻じれを取る事が必要

なんだけど、これは企業秘密(秘密って言うより文字で説明できないからだけどね)笑

 

 

 

 

布は本当に色々試したけど

1番良い感じでテンションがかかるのが晒だったので

ここ数年はこれで落ち着いてる

 

 

 

 

 

ちなみにアイロンも色々試したけど

アドストが1番!

1番の理由は下側の2本の溝

 

 

効率よく水蒸気が抜けてくれるから

縮毛矯正で必要な熱と水分の調整がしやすい

 

 

 

 

 

 

以上の理由で

2種類のアイロンを使い分けてるんです

 

 

髪質やスタイルによっては1本しか使わないけどね。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21   0827-31-0057

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。