プレイスこだわりのメニュー紹介「カット編」

ブログも新しくなったんで メニューの紹介っていうか

ぞれぞれのメニューに対する僕のこだわりとか想いを書いていこうと思います。

 

 

 

まず最初はカットから

 


 

プレイスこだわりのメニュー紹介「カット編」

 

自分自身の年齢(40代)に近いお客様が多いので

30代40代50代のカットが得意

20代の子に40代の髪の悩みなんて分からないし、40代の僕と20代の子とでは感性が合わないから当然の事

 

 

ストレートパーマ「縮毛矯正」のお客様が多いので、ストパーをかける人やクセ毛のカットも得意です

自分自身もクセ毛だから、クセ毛の扱いには慣れてると思う

 

なので、カットは基本梳きすぎない(できるだけ梳きバサミを使わず毛量調整をする)カットをすることが多い

クセ毛って梳きすぎると逆にボリュームが出るでしょ?

梳くと短い毛ができ、短い毛は立ち上がり

短くなるとクセ毛も強く出てくるから根元の立ち上がりが付いて

梳いた事で毛先の重さがなくなり押さえが効かなくなって広がるって原理。

 

全く梳かないわけじゃないですよ、梳き方・位置・場所・量のバランスが大切

 

 

それとは別に、ある程度年齢を重ねてくると顔の弛みやほうれい線なんかで下への力が働くから

梳きすぎて毛先が薄くなりすぎると、上から下への力の強調になって余計に老けて見えたりする

 

また、加齢毛やクセ毛は梳きバサミを使いすぎると毛羽立ちになり

傷んでなくても毛羽立ちがパサつきになり傷んだように見えちゃう

毛先がスカスカでパサパサしてて、疲れたようなやつれたような感じに見える人っているでしょ?

 

加齢毛って言うと聞こえが悪いけど、早い方だと30歳前後からすでに始まっちゃうからね

 

 

この辺の事はクセ毛で40代の僕自身で体験済み

昔のような切り方をしたら髪の毛は落ち着かないし、余計に老けて見えたりするから

やっぱり年齢に合わせたカットは必要!

 

 

 

それと、ストレートパーマ「縮毛矯正」をかけるんだったら

できるだけ梳きバサミは使わないほうが良い

梳きバサミで梳く事で出来る規則的な短い毛はストパーが綺麗にかからないし

せっかくかけても毛羽立ちが出て、艶もなくなり綺麗に見えないからね

(もちろん 時と場合による)

 

 

なので30代40代50代の方や

クセ毛やストパー「縮毛矯正」をかける人のカット自信があります。

 

 


 

 

余談だけど

 

家での再現性を重視したカット

個性を引き出す似合わせのカットに自信あり

一人一人違う骨格や髪質を読んで作るカット

 

 

こんなフレーズどこの美容院のHPにも書いてるでしょ?

 

再現性を考えずにカットしてもらっても困るし

似合ってなかったり骨格を考えずに切ってもらってもイヤでしょ?

なのでそんなのは美容師として当然の事。

 

 

 

次はヘアカラー編

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。