タイの青唐辛子

 

タイの青唐辛子

プリッキーヌ

 

 

プリッキーヌはタイで栽培されているトウガラシ

タイには「タイペッパー」と総称されるトウガラシが79種類以上あり

その中でもプリッキーヌは最も辛い品種で、一番知名度も高い

タイが原産国だけど、インドネシアやシンガポール、フィリピン、マレーシアなど東南アジアの国々でも広く使われてるみたい。

 

 

ちなみに、よく名前を聞く唐辛子 ハラペーニョが2500~8000スコビル(辛さの単位)

韓国の唐辛子が2万~5万スコビル

日本の唐辛子 鷹の爪は4~5万スコビル

中国の天津唐辛子が5万~7万スコビル

プリッキーヌが5万~10万スコビル

ハバネロが10万~35万スコビル

 

 

かなり辛いトウガラシ プリッキーヌ

 

 

 

 

 

今までも何回かブログに書いたけど

順調に育ってほどほど収穫できた。

 

 

 

 

 

いまでも木は青々として

 

 

 

 

 

毎日収穫できてる

 

 

 

 

 

 

 

だけど……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然辛くない!

 

 

 

 

 

 

 

 

青臭いピーマンのようだ(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10個に1個程度辛いのがあるけど

それでも辛さは少ない……

 

 

 

 

 

 

 

 

水のやりすぎが原因とか

肥料のやりすぎとが原因とか

 

 

 

 

調べたら色々出てきたけど

本当の原因は分からない…

 

 

 

 

 

 

気候が違うからなのかなぁ….

 

 

 

 

 

 

来年は日本のトウガラシにしてみよう。

 

 

 

 

 

 

ちなみに僕は辛いのが苦手です(笑)

 

 

 

 

 


 

Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21   0827-31-0057

 



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。