パッチテスト

 

 

ヘアカラーにかぶれる方が以前と比べて、とても増えています

 

 

ヘアカラーのかぶれは

カラー剤の中のジアミンという成分にアレルギー反応を起こしている場合がほとんどですが

 

 

 

1剤に含まれるアルカリ剤の刺激や2剤の過酸化水素水の刺激をアレルギーと間違えたり

美容師でも詳しくない人が多く、トラブルや勘違いされている方がとても多いのが現状です。

 

 

 

ちなみに、まれですがヘナやインディゴにアレルギーを起こす方もおられます

 

 

 

カラーかぶれ(アレルギー)があるかどうかの判断の一つに

パッチテストという方法があります

 

 

 

 

使用するカラー剤をバンドエイドに塗り

腕の内側等など皮膚の柔らかい場所に貼り付け、48時間放置し反応を見るテストです

 

 

 

 

 

48時間以内に痒みや傷み等が出れば洗い流し

何事も無ければ大丈夫って感じなのですが、いろいろな問題も起こります

 

 

 

お風呂で流してしまったとか

寝ている間にバンドエイドが剥げて布団に色が付いたとか

 

 

植物のヘアカラー(ヘナ・インディゴ)でパッチテストをした場合だと

皮膚が赤っぽいオレンジ色に染まるので、それをアレルギー反応と勘違いしたりする方も多いです

 

美容院でパッチテストをした場合にもしも何かが起これば

その美容院で皮膚の状態を見てもらったほうが良いと思います

(ジアミンアレルギー等に詳しい美容院をネットで検索して探してください)

 

 

 

 

パッチテストでアレルギー反応が出た場合は、不快感や痒みを伴いタダレたような感じになる事が多いです

 

 

 

 

パッチテストは小さな範囲でのテストなので、テストではなんともなくても

実際にカラーをするとアレルギー反応が出る場合もあるのですが

簡単で効果的な方法が他にはないのでパッチテストに頼るしかないのが現状です

 

 

 

病院・皮膚科でする一般的なヘアカラーのアレルギーテストは

あくまでもヘアカラー剤全体に対して物で、カラー剤の中の何に反応しているのかを調べてくれる病院はほとんどありません

 

カラー剤の何に反応しているのかがはっきり分かれば、いろいろな方法があるのですが

難しいのが現状です

 

 

また、医学的とか科学的にはどうなのか分かりませんが

精神的なかぶれを持つお客様もおられます

 

 

とにかく自己判断せずに詳しい美容師さんか医師に相談する事をお勧めします。

 

 

 


 

カラーかぶれ(ジアミンアレルギー)を持つ僕でも大丈夫なのは植物性のヘアカラーです

 

 

 

 

 

Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21   0827-31-0057

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。