縮毛矯正(ストレートパーマ)後のパーマ

 

よく聞かれる、また勘違いしている方も多い質問がある

 

 

 

「縮毛矯正(ストレートパーマ)をかけた髪の毛にパーマはかかるのか?」

 

 

 

 

結論から言うと

奇麗にかからない事が多いので、お勧めしません

 

 

 

 

基本的な考え方は

 

縮毛矯正(ストレートパーマ)は、薬剤と熱の力でたんぱく質を移動させる事で

髪の毛を真っ直ぐにしているのに対して

コールドパーマ(一般的なパーマ)は薬剤だけの力でかけるもの

 

熱処理した髪の毛に、薬剤のみの力で変化させるのは難しく

奇麗にかからない事が多いのでお勧めしない。

 

 

 

なので矯正(ストパー)の熱の力に対抗するには 熱を利用するのが一番

ってなるとデジタルパーマになる

デジタルパーマとは、上の画像のように ロッド1本1本にコードが繋がり

ロッドに熱を発生させる事で矯正(ストパー)同様 熱の力を利用したパーマをかける事ができる

 

 

 

熱の力を利用するって聞くと「髪の毛に悪そう」とか「傷みそう」って感じるかもしれないけど

薬剤の力だけ(コールドパーマ)だと、しっかり薬剤を効かせなければいけないので髪の毛の負担が大きくなる

だけど、ストパーやデジパーは熱の力も利用できるから薬剤の力はそこまで必要なく

結果 傷みを少なくかける事もできるんです

 

 

 

 

縮毛矯正に力を入れてる(詳しい)美容院かどうかを見極めるためには

デジタルパーマもやっているかどうかで判断する事も一つの手です(熱の力を理解できてるって証拠)

 

メニューに縮毛矯正(ストレートパーマ)はあるのにデジタルパーマをやっていない美容院は

矯正毛の難しいスタイルチェンジはどうしてるんだろう?

 

 

 

 

 

ちなみに エアウェーブってのもあるけど

あれは熱の力ってよりも乾燥させる事に重点を置いたパーマなので

縮毛矯正(ストレートパーマ)をかけた髪の毛には中途半端です

 

エアウェーブが駄目なわけじゃなくて、髪の毛が濡れた時と乾いた時のウェーブギャップが少ないウェーブヘアを作るためのパーマです

 

 

 

 

だけど、矯正(ストパー)をかけてても上手くコールドパーマがかかる場合もある

 

矯正をかけた時の薬剤の効かせ方やアイロンの温度やプレス具合によっては普通にコールドパーマがかかる

んだけど、他店でかけた矯正(ストパー)は薬剤もかけ方も完全には分からないから難しいです。

 

 

 

 

 

矯正(ストパー)に飽きて パーマスタイルに変えたいけど

時間や料金の高いデジタルパーマをかけてまで変えたいってほどじゃない

 

 

そんな場合は ストカールって方法もある

 

 

 

伸びてきたクセ毛の根元は矯正(ストパー)で真っ直ぐにして

毛先はアイロン(熱の力)でカールを作り、いろいろ仕込んであげると

 

 

 

 

こんなカールを付ける事もできます

 

 

 

時間的には縮毛矯正(ストレートパーマ)にプラス20分~30分程度

料金は縮毛矯正(ストレートパーマ)にプラス3000円(3240円)

 

 

 

デジタルパーマほどは持たないけど

毛先の傷みが少ない人だと半年位は十分持つし

時間もかからず気軽に毛先カールが楽しめます♪

 

 

 

Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21   0827-31-0057

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。