クリープパーマ

 

 

クリープパーマって知ってる?

 

 

昔ながらのコールドパーマと比べる傷みと手触りも傷み具合も全然良いし

大きいパーマもダレ難いし、持ちだって良い

だけど、ちょっと前までは1剤を洗い流すと還元剤も洗い流されてるって思われてたけど

実際には流れてなかったらしくて、昔のクリープパーマと今のクリープパーマでは考え方も変わってきちゃったけどね。

 

クリープの意味とか作用について書いても難しいし、そんなこと聞きたくもないだろうから書かないけど(笑)

従来のコールドパーマと比べてのメリットは

●傷みが少ない

●大きなカールでも綺麗にかかる

●乾かしたときにダレ難い(カールがダラーんとなりにくい)

●パーマの持ちが良い

 


 

実際にモデルさんを用意してかけてみました

 

長い間カットしてないから伸び放題

 

月一ペースでヘナとインディゴで染めてるから超健康毛!

普通ならパーマ液を付けて長い時間置かないとかからないんだけど

 

今回はたった8分

 

一度アルカリ剤を洗い流して3分置いて

もう一度お湯で流して5分置いて2液処理(パーマを固定する)

 

 

バーって乾かしてワックスつけたら完成♪

 

 

大きいカールだけど良い感じにかかってるでしょ?

 

こんなカールがデジパーじゃなくてもかかるんだから、パーマの進化を感じるなぁ…

 

 

美容院によっては「クリープパーマ」というメニューを作ってて

普通のパーマよりも高い値段設定をしていますが

昔ながらのパーマにはデメリットしか存在しません

 

クリープパーマには特別な道具も薬品も必要ないので(手間だけ)

プレイスでは普通のパーマ=クリープパーマになってます

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。