オーガニックヘアカラーでグラデーションカラー

 


 

 

プレイスのお客様、離れて暮らす学生の娘さんがいらっしゃるんだけど

その娘さんが近所の美容院で「オーガニックヘアカラーをやってるから行ってみたい!」

って相談してきたらしい(初めてのヘアカラー)

 

 

 

 

「グラデーションカラーっていうのをしたいって、オーガニックの植物のヘアカラーだから傷まないって娘は言うんだけど…..」

って相談があった

 

 

グラデーションカラーってのはこんなのね

 

 

 

オーガニックカラーに関しては何回も書いてるけど

植物のみで黒髪が明るくなる事は絶対に100%ない

 

 

オーガニックって言葉の響きや聞こえが良いから使ってるだけで

オーガニックヘアカラーなんか全く意味が無い

 

 

 

染めるのが悪いって言ってるんじゃないよ

オーガニックって言葉で印象操作しようとしてるのが悪いというか 嫌なだけ

 

 

 

 

 

冒頭のお客様はプレイスでずっと植物のヘアカラーをしてるからアルカリカラーを知らない

 

「できれば娘をプレイスでやってもらいたいんだけど、そこのヘアカラーどんなカラーなの?」

って聞くから

 

 

 

 

 

 

「もちろん うちもオーガニックヘアカラーです!」

って答えた(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

その後に

「オーガニックだからって特に良いことはないんですけどね」

って付け足したけどね(笑)

 

 

 

 

 

 

プレイスで今使用してるアルカリカラー剤

(白髪染め・グレイカラー・おしゃれ染め・ファッションカラーと呼ばれる一般的なヘアカラーの事)は

オーガニックハーブを配合した「オーガニックヘアカラー」

ってのがメーカーの売り文句のカラー剤

 

 

 

 

 

オーガニックに意味がないって言いながら、なんでそんなカラー剤を使うの?

って思うでしょ?

 

 

 

 

 

 

答えは単純

他メーカーのカラー剤よりもアルカリ度が低いから

 

 

 

PHとアルカリ度は別なんだけど、難しいし長くなるからまた別の機会にして

簡単に説明すると

アルカリ度が低いとアルカリが残留し難いし、髪の毛や頭皮への負担も少ない

それに、一般的なアルカリ度の高いヘアカラーと比べても染まりに遜色が無いから使ってるんです。

 

 

 

 

 

 

アルカリ度の低いヘアカラーです!

よりも

オーガニックヘアカラーです!

の方が一般の方には良さそうに聞こえるでしょ?

 

 

 

だから、メーカーは全く意味の無い

オーガニックヘアカラーを推してるだけなんです

 

 

 

 

 

なんだけど、オーガニックヘアカラーを信じてる人に

意味ない なんて言ってもなかなか信じてもらえないし

 

 

無理やりプレイスに連れて来られてもいろんな意味で上手く行かないだろうから

「娘さんの行きたいところに行かしてあげた方がいいと思いますよ」

って言っといた

 

 

 

 

 

もしもお友達にプレイスを紹介しようと思ったら

このブログを教えて、とりあえず読んで見てってお伝えください(笑)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ワックスがけ

次の記事

頂き物