プレイスオリジナルシャンプーで犬もシャンプー!?

 

 

 

 

犬は肌のPHが人間と違うし、油分を取りすぎてもいけない

犬の肌は繊細で敏感で人間のシャンプーは刺激が強すぎるからダメ!

 

 

みたいな感じの話を聞いた事があるんだけど

 

 

犬を飼い始めて、犬用シャンプーを見に行ったら

裏面の指定成分表が人間とは違う!

って事に驚いた

 

 

 

シャンプーの主成分は界面活性剤

界面活性剤とは汚れを落とすための洗浄成分でシャンプー剤の中でも重要な物

 

人間用のシャンプーは界面活性剤は何を使用しているのかを書かなければいけないんだけど

犬用は「界面活性剤」って書いとけばOK

 

 

「ラウリル系の界面活性剤不使用」って書いてあるのに、何を使用してるかは書いてなかったり

なかには「界面活性剤」の記載すらない商品まであったりした

 

ちなみに界面活性剤の種類は何百種類とか、かなり多くの種類がある

 

 

 

 

例えば魚のフライを買ったけど、原材料名に「魚」としか書いていなくて

何の魚なのか分からないような物。

そんな魚フライは食べたくないって思うのは僕だけでしょうか?

 

 

ドックフードも何の肉を使っているのか書かなくてもいいんだって(怖)

「畜肉」とか「肉類」って表示でよくて、病気で死んだ動物の肉を使ってても分からないとか

(この辺の話はあまり詳しくないから話半分で聞いといて)

 

 

 

 

あっ、海外の規制は分からないから日本の話ね。

 

 

 

犬の肌は薄いとかPHがアルカリ性だとか色々あるけど

感触向上剤は人間のシャンプーと似たような物を使ってるし

犬用シャンプーがアルカリ性に作られてるわけでもない

 

人間用のシャンプーだって弱酸性の物もあればアルカリ性の物もある

肌なんて、phの違う物を短時間付けたところで、すぐphは戻るし影響は少ない

(もちろん極端に差のあるphだったりすると炎症等を起こす場合もあるけど)

 

 

 

 

それだったら世の中のシャンプーで1番信頼の置ける物があるじゃないか!

 

 

 

って事で、この数ヶ月間プレイスオリジナルシャンプーで我が家のチョコさん♀をシャンプーしてるけど

(この画像はかなり昔の画像だから他のシャンプー剤が写ってる)

 

 

 

 

絶好調です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。