縮毛矯正(ストレートパーマ)を断られた

 

縮毛矯正(ストレートパーマ)を断られた

 

そんな経験ありませんか?

 

プレイスでも新規でご来店いただいたお客様のうち

年に数件はお断りする場合(部分的にしかかけられない等も含む)がございます

 

 

 

 

髪の毛を綺麗にしたい と思って行ったのに

何で断るんだよ!

って想いは痛いほど分かります

 

だけど

 

 

 

「断られた」

何も言わずにしてくれたけど、仕上がりはボロボロになって前より酷くなった」

どっちが良いですか?

 

 

 

 

 

よくあるケースなんだけど

今までのヘアカラーの塗り方や染め方が悪かったり

縮毛矯正(ストレートパーマ)のかけ方が悪かったりで

髪の毛の限界が来ている場合がある

 

だけど、一般の方には髪の毛の限界がどこなのかは分かり難いと思うんです

 

限界を超えてしまうと髪の毛は崩壊してしまって

ポーラス毛とかビビリ毛と呼ばれる状態になります

 

そうなると二度と取り返しは付かず、切るしかありません

 

 

 

髪の毛の限界が近くて、やばそうだなって感じる場合にお断りするんだけど

限界を読めない美容師が施術するとビビリ毛になってしまうんです

 

 

完全に限界を超えてしまうと

一般の方でも 「やっちまった…」 ってのがはっきり分かるんだけど

 

 

 

限界をほんの少しだけ超えてしまってる場合

髪の毛がゴワゴワしたような感じでクセ毛が戻ったような

もしくはクセ毛が伸びなかったように感じるから

 

クセ毛が出たからストパーかけなきゃ!

って思い込んじゃってて

いくら説明しても分かってもらえないときがあるんですよね…

 

 

 

たぶんお断りした後にどこかの美容院に行くんだろうけど

やめときゃよかった….って後悔した人も多いんだろうなぁ

 

 

 

 

だからこそ、縮毛矯正(ストレートパーマ)をかける時の

1回1回を先の事まで良く考えて施術しないといけないんです

ヘアカラーもする場合は染め方だって大切

 

 

 

 

髪の毛は爪と同じ死滅細胞

一度傷んでしまったら二度と元には戻りません

 

トリートメントは顔でいうファンデーション

一時的に誤魔化してるだけです

 

 

 

 

例年3月くらいから縮毛矯正(ストレートパーマ)のお客様が増えるんだけど

転勤なんかで新規のお客様も増えます

 

 

特に初めてのお客様には

しつこい位にいろいろな事をお聞きすると思いますが

履歴や髪の毛の状態を知るための質問なので嫌がらないでね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。