ドライヤーで乾かすと傷む?

 

 

ドライヤーで髪の毛を乾かすと傷む

 

と思ってドライヤーを使わない人や

少しだけ乾かしてあとは自然乾燥する人がいるけど

 

 

髪の毛は濡れている状態が1番弱くて傷みやすい

 

これは科学的にも証明されてる事実なんです

 

 

髪の毛は濡れるとキューティクルが開いてしまいます

左が乾いた状態で右が濡れた髪の毛

 

 

濡れてると画像のようにキューティクルが開いてるので引っかかりやすく

摩擦で簡単にキューティクルが剥がれてしまいます

 

キューティクルは髪の毛の表面を覆う、肌で言う表皮のようなもの

表面が剥がれると中身が流れ出てしまい、髪の毛の傷みに直結します

 

 

 

ちなみに、今現在の毛髪科学では

一度剥がれ落ちたキューティクルを再生することはできません

 

 

 

また、髪の毛が濡れた状態が長ければ長いほど

髪の毛の水分量は減少し、パサつきの原因にもなります

 

 

 

頭皮は汗腺も皮脂腺も一番多い部分

 

そのうえ毛髪に覆われている部分なので

とてもデリケートで雑菌も繁殖しやすい場所です

 

 

濡れたままにしておくと、雑菌がどんどん繁殖してしまい

頭皮の炎症の元になる事もあります

 

 

 

濡れた状態で長くいる事は、髪の毛にも頭皮にもデメリットしかありません

なのでシャンプー後は 出来るだけ早く乾かす事 と 完全に乾かす事 が大切です

 

 

具体的な数字で表すと

シャンプー後は5分以内に乾かし始め、完全乾燥させる事

その位濡れてるのは良くないって事なんです。

 

 

 

 

髪の毛は熱で傷む

 

もちろん熱で髪の毛は傷んでしまいます

状態にもよりますが、毛髪内部が80~100度を越えた辺りから熱による傷みが起きてくると言われています

 

毛髪内部が80度に上がる頃には表面の温度も60~70度になってしまいます

なので、髪の毛を触って 熱いっ! って感じるほどでなければ大丈夫です

 

気になるようであれば、風量が強くて温度の低いドライヤーをお勧めします

ダイソンのドライヤーも温度はかなり低いドライヤーです

 

 

ちなみにプレイスで取り扱ってるドライヤーも

吹き出し口直後の温度が80度なので、どれだけ近づけても毛髪内部が80度以上になる事はありません

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。