ヘナは髪に良いのなら毎回全体塗ればいい!?

 

ヘナって髪の毛に良いんでしょ?

だったら何で毎回全体に塗らないの?

 

 

 

って聞かれたんだけど

確かにそう思っても不思議じゃないですよね!

 


 

こんにちは!

JR南岩国駅すぐ近くの美容院・プレイスの藤原です

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)

低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)

髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

 

自分自身がヘアカラーかぶれを経験しているので

アレルギー体質・敏感肌の方もご安心してご来店ください。

 

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください

 

お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます



 

 

まずはヘナで髪の毛が染まる仕組みを復習してみます

 

 

 

 

髪の毛にはたんぱく質が詰まってます(青丸)

 

 

 

 

ヘナの色素は分子量が小さいのでキューティクルの隙間から髪の毛の中に入り込みます

 

 

 

 

それだけだと、簡単に流れ出ていってしまうんだけど

入り込んだ粒子同士がくっ付いて大きくなり、髪の毛のたんぱく質(ケラチン)に絡みつく性質を持っているので

髪の毛の内部に留まり髪の毛に色が付きます

 

 

 

 

 

 

ヘナで染めて数か月後に根元が伸びてきて白髪が目立つようになってきたけで

毛先にはヘナの色は残ってる状態で毎回毛先まで塗り続けると

毛先にはどんどんヘナの色素が入り込んでいって(入りすぎて)髪の毛が硬くなってきます

 

 

 

 

 

特に傷んだ髪の毛やエイジング毛(加齢毛)はたんぱく質が減りたくさんの隙間が出来ている状態

 

毎回全体を染め続けていると

髪の毛の中にはヘナでいっぱいになります

(分かりやすくするために青やオレンジに色分けしてるけど

黒髪がオレンジに染まるわけではありません)

 

 

 

 

 

健康毛で元気な髪の毛だと毎回全体を塗っても

そこまで硬さを感じたりする事はないんだけど

 

 

パーマやストパーもかけてる人

髪の毛が傷んでる人

加齢毛による骨粗しょう症状態の人

なんかだと毎回のように全体を染めてると硬くゴワゴワしてくることもあります

 

 

毛先には色が残ってるんだったら

根元のリタッチで十分です

 

 

 

欲張って毎回のように全体を染めすれば

「薬が過ぎれば毒となる」

状態になる可能性もあります

 

 

 

 

 

ヘナも普段はリタッチで

毛先の色落ちが気になった時に全体を染めてあげればOKです♪

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。