【ヘナ】もみあげや襟足が綺麗に染まらない

 

ヘナで染めるともみあげや襟足部分の染まりが悪い

ってお話がありました

 

 

個人差もあるし、色々な原因もあるんだけど

ヘナに限らずメリットデメリットの両方が必ずあるので

 

 

自分が1番求める物は何なのか!?

を決めてから選ぶことをお勧めします。

 

 

 


こんにちは!

JR南岩国駅すぐ近くの美容院・プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)

低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)

髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

 

自分自身がヘアカラーかぶれを経験しているので

アレルギー体質・敏感肌の方もご安心してご来店ください。

 

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください

 

お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 


 

 

まず最初に、髪の毛は部位によって太さが違います

 

 

 

頭頂部と比べるともみあげや襟足部分(赤い部分)は太く

ヘナに限らずアルカリカラーでも染まり難い部分になります

 

 

 

個人差があるけど基本的にはもみあげや襟足部分は薄染まりになりやすいです

特にヘナとインディゴミックスの1度染めの場合に起こりやすいです

 

 

全く気にならない人もいれば、どうやっても染まりが悪くなる人もいるので

こればっかりは何とも言えないけど

 

 

アルカリカラーと同じような染まり具合を求めるのならば

ヘナはお勧めしません

 

 

 

 

ヘナって葉っぱを粉にして水で溶いて塗るだけの物

化学染料もアルカリ剤等の化学物質も一切含まれないヘアカラー

 

髪の毛や頭皮に悪影響が一切なく

染めるほど髪の毛が綺麗になる、本当の意味でのトリートメント効果があり

 

カラーかぶれ(アレルギー)でも敏感肌でも安心して染める事ができる

唯一無二のヘアカラーです

 

 

 

その分染まり具合にはある程度の妥協が必要です

 

 

 

染まり具合に完璧を求めるのならアルカリカラーをお勧めします

だけどアルカリカラーの場合は髪の毛の傷みや頭皮への悪影響は諦めるしかないので

 

どちらも一長一短

 

 

 

最初は髪の毛が綺麗になるから染まりに妥協出来ていても

そのうち髪の毛が綺麗な事には慣れてしまって

染まり具合や色味を求めてしまう人が多いけど

 

 

ヘアカラーに限らず全てにおいて完璧な物なんて無いでしょ?

 

 

 

 

ヘナを崇めてるようなメーカーや美容院のHPもあるけど

 

常用してる飲み薬がある人は染まりが悪くなることもあるし(薬によるけど)

葉っぱの収穫時期によって多少の誤差も出るし(天然成分ならではの事)

良い事ばかりじゃないですよ

 

 

 

だけどデメリット以上にメリットが多いヘアカラーだと思っています。

 

 

 

 

 

上記を読んだうえで「ヘナを試してみたい」って思うのなら本気でお勧めしますよ♪

 

 

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。