ヘナもインディゴも髪に良い!?

 

ヘナもインディゴも自然なものだから髪や頭皮に良い!

 

って言う人が多いけど

実際のところはどうなの?

 

 


 

 

こんにちは!
JR南岩国駅から徒歩3分の美容院・プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で

「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

 

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 



 

成分がどうとか難しい事を言うと分かりにくくなっちゃうので

一般の方にも伝わるように 簡単に分かりやすく 書きます

 

 

 

ヘナってのはこんな葉っぱ

 

 

 

インディゴ(ナンバン藍)の葉っぱ

 

 

 

 

 

 

ヘナで染めると白髪はオレンジ色になり黒髪はほぼ変化なし

オレンジだけどしっかり染まるし色持ちも良い

髪にはトリートメント効果もあってクセ毛も落ち着いて頭皮への刺激もなく

たとえ丸一日塗ったまま置いておいても髪に悪い事はない

 

できれば3時間くらい置いておいた方がトリートメント効果は最大限に発揮される

染めるという意味では45分程度置けばOK

 

 

 

白髪比率が低ければオレンジ色で自然に白髪がぼけて綺麗になる

 

 

 

 

 

 

 

だけど白髪比率が多いとオレンジ色が目立っちゃっておかしい

 

 

 

 

 

そこでインディゴの出番ですよ!

 

 

 

 

インディゴの色素はヘナにくっ付くことで数日かけて綺麗に発色していく

直後は緑がかった色になるけど

 

 

 

発色がすめばこんなに綺麗♪

(2度染め)

 

 

 

 

 

 

だけどインディゴはあくまでもヘナだけだとダメな場合に使うもので

(白髪比率の関係でオレンジ色だとダメな場合)

 

ヘナのようなトリートメント効果は無い

 

 

 

マメ科の葉っぱなのでピーナッツや蕎麦アレルギーがあるとかぶれる場合もあるし

かぶれなくても頭皮に刺激を感じる場合もある

 

 

何も感じない人は感じないけどね

 

 

 

 

なのでインディゴ単体で塗った時に置く時間は30分程度にしておいた方が良いんです

 

 

それ以上置いたところで染まりは良くならないし

刺激の原因やゴワゴワ感が出る事もあるので長く置くメリットはない

 

 

 

 

 

なのでインディゴにトリートメント効果を求めても意味はなく

あくまでもヘナの補色として使用する物です。

 

 

 

 

って聞くとインディゴが良くないように聞こえるかもしれないけど

アルカリカラーや化学染料と比べれば、刺激の度合いも全然違うし

髪は傷まないしすごく良い物なんだけど

 

 

 

ヘナと比較するとヘナが良すぎちゃうからね(笑)

 

 

 

 

 

ちなみに自分自身もインディゴに刺激を感じちゃうタイプだけど

アレルギーやアルカリの刺激と違って洗い流せば何ともないです。

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 


 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。