肌が弱い人のヘアカラーって?

 

「肌が弱いんですけど、大丈夫なヘアカラーってありますか?」

 

そんなお問い合わせのお電話があった

 


 

JR南岩国駅から徒歩3分の美容院

プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で

「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

 

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 



 

ヘアカラーをすると肌がピリピリしたり痒みが出たりする

私って肌が弱いんだ!

 

 

って思ってる人が多いけど

ヘアカラーで刺激や痒みを感じる原因はたくさんあって

肌が弱い事とは無関係の事もある

 

 

 

ヘアカラー剤が頭皮に付くとピリピリヒリヒリするけど洗い流すとすぐに治まる

そんな症状の場合はカラーのアルカリ剤や2液の過酸化水素水に刺激を受けてる事が多い

 

対処法としてはアルカリカラー以外のヘアカラーを選択するか

根元ギリギリまで塗布してできるだけ頭皮に付けないような塗り方をするのも一つの方法

 

 

 

 

 

アルカリカラーは毛髪内部でも浸透していくので

根元ギリギリ浮かせて塗っても

 

 

 

放置時間の間に毛髪内部で根元まで浸透していって染まる

 

 

 

 

美容業界って英語とかカタカナで名前つけるとかっこいいって思ってるから

ZEROテク なんて呼んだりしてるけど根元ギリギリ空けて塗布するだけの事(笑)

 

 

 

 

 

だけど!

カラーかぶれで1番怖い原因

ジアミンアレルギーによる影響だったら根元を空けて塗っても意味はないから要注意!

 

 

ジアミンアレルギーの場合は塗布直後は何ともなくて

1~2日後に痒みや湿疹が出てくることが多いので見分けは付きやすいけど

 

 

両方持ってる人も珍しくないから気を付けた方が良い

 

 

 

 

ジアミンアレルギーの人は

ジアミンを使用しない物で染めるしか方法はない

 

ヘアマニキュアにはジアミンが入ってないけど

ジアミンアレルギー持ちの人はヘアマニキュアのタール系染料にもアレルギーを起こすケースも多いので

ヘナが1番安心だと思います。

 

 

 

 

いろんなケースがあるし、いろんな方法があるので

ジアミンアレルギーでも明るいヘアカラーをする事は可能だし

アトピーの人でも明るい茶髪にする事だってできる

 

 

 

まずは自分が何に反応しているのかを見極める事が大切です

 

 

 

カラーかぶれ・敏感肌でお悩みの方ご相談ください!

自分自身がジアミンアレルギーを持ってるからこそ

不安な気持ちはよく分かるし真剣にお悩みに対応します♪

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。