使うたびに白髪が染まるシャンプー!?

 

「白髪が染まるシャンプーを使っていたんだけど、ヘナが染まるかしら?」

ってご相談があった

 

 


 

JR南岩国駅から徒歩3分の美容院

プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で

「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

 

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 


 

商品の悪口を書くつもりもないし

事実を書くだけなので商品名は隠さないけど

 

 

 

お客様が持ってきた箱は、今でもよくTVCMしてる商品だった

 

 

 

 

 

 

昆布で染まると勘違いしてる人も多いけど

裏面の成分表を見れば染まる事と昆布は全く関係ない事が分かる

 

 

 

 

「リシリコンブエキス」は入ってるけど染色のためじゃなく、あくまでも保湿効果でしかない

 

 

 

 

 

 

じゃあ何で染まるの?

って話だけど、成分表を見るとちゃんと書いてある

 

 

 

4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール

アレルギーを引き起こす可能性は意外と高い化学染料

 

 

塩基性青75・塩基性茶16・塩基性赤51・塩基性黄87
塩基性染料と呼ばれる化学染料

分子量が大きいので髪の毛表面にしか染色しないけど

イオン吸着するのである程度は色持ちする

 

 

HC黄4・HC青2
分子量が小さいからキューティクルの隙間から毛髪内部まで入り込むけど

イオン吸着しないので色持ちは悪い

これも化学染料で薬事法では化粧品に分類されるんだけど安全性とは全く関係ない

このHC染料もアレルギー(かぶれ)の原因になる

 

 

 

 

 

成分表に嘘は書けないから

4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールの茶色に塩基性染料の青茶赤黄HC染料の黄青

3種類の性質の違う化学染料で表面や少し内側やイオン吸着や付着でいろんな方向から

いろんな色の組み合わせで染める化学染料を使用した白髪染めって事

 

 

 

表記されている「自然派・無添加」は何を指して言ってるのかは分からないけど

ジアミンやパラベンは確かに使ってない

 

 

だけどジアミン(化学染料)の代わりに3種類の化学染料を入れて

パラベン(防腐剤)の代わりにフェノキシエタノールが使われている

 

自論だけど防腐効果はパラベンに勝るものはないと思うし

同じ防腐効果を得るためにはフェノキシエタノールはパラベン以上に多量に配合しないといけないから

パラベンのほうが安全性は高い。

 

 

 

 

だからと言ってこの商品を貶してるわけじゃないよ

「自然派・無添加」と表記するための決まりも何もないのがおかしいだけ

今のままだと言ったもん勝ちだからね(苦笑)

 

 

 

 

 

ちなみにニトロ染料・塩基性染料・HC染料を取り除くことは難しいので

ヘナに限らずその上から他のヘアカラーをすると間違いなく邪魔になり

染まりが悪かったり、変な色になったりする。

 

 

 

 

 

冒頭のお客様は使用頻度が低くほとんど色が入ってなかったので

影響は少なかったけど、やっぱり赤っぽい色が出ちゃいました

 

でも許せる範囲かな?

お客さんは「全然OK」との事でした。

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

活性酸素

次の記事

家族が増えました!