キスの天婦羅と鯛めし

 

天婦羅の夏の食材と言えばキス

 

キス(鱚、鼠頭魚)は、スズキ目スズキ亜目キス科(学名:Sillaginidae)に所属する魚類の総称である

wiki抜粋

 

 

シロギス・アオギス・トラギス・ホシギス

いろいろ種類があるけど、江戸前天婦羅の夏の食材と言えばシロギス

どうしてもキスの天婦羅が食べたくなったので釣りに行くことにした(笑)

 


 

JR南岩国駅から徒歩3分の美容院

プレイスの藤原です

 

植物(葉っぱ)で染める自然派ヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で

「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

 

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます

 


 

「キャッチアンドリリース」とか「スポーツフィッシング」って言葉もあるけど

僕の釣りは  獲って喰らう!

半分は食べたくて釣りに行ってるからね(笑)

 

 

その代わりに頂いた命は残らず食べて

アラや骨も畑に埋めて肥料にして捨てるところがないようにしている。

 

 


 

 

 

久しぶりのキス釣りだけど釣れるんだろうか?

不安な気持ちで夜明けとともに海へ

 

 

 

 

釣れてくるのは狙いのキスじゃない(ホウボウの子供)

 

 

 

 

 

 

小さい鯛がたくさん釣れるんだけど

中でもいいサイズの物を2匹だけ持って帰る事にした

 

 

 

 

 

そうこうしてると狙いのキスも釣れた

小さいけど綺麗だ♪

 

 

 

 

 

夏の天ぷらと言えばメゴチも外せない

1匹だけどメゴチも釣れた

 

 

 

 

 

9時過ぎには餌が無くなったし、暑すぎるので帰宅

なんとか天ぷら食材は揃ったぞ!

 

 

 

 

 

開いて後は揚げるだけ

 

 

 

 

 

 

 

そういえば2匹持って帰った小さい鯛なんだけど

釣れた瞬間「鯛めしを作ろう!」って思いついた

 

 

 

 

その為だけに、わざわざ小さめの土鍋を買いに行った

せっかくだから炊飯器じゃなく、土鍋で火で焚きたいからね

 

 

 

 

 

 

鱗とエラと内臓を取って塩を振り10分程度置き、コンロで表面に焼き目を付ける

 

 

 

その間に米を土鍋に入れて、醤油、酒、みりん、塩を入れ

表面に軽く焦げ目がついた鯛を乗せて火にかける

 

 

 

 

 

 

沸騰したら弱火で10分、1分程度強火にしておこげを作って火を止め

蓋をしたまま10分蒸らすと

 

 

 

 

 

 

完成~

 

 

 

 

 

一度鯛を取り出し身をほぐして戻して混ぜ合わせたら出来上がり

 

 

 

 

 

鯛の出汁が米に入って美味しい♪

 

 

 

 

 

 

念願のキスの天婦羅も無事食べる事が出来た!

 

 

 

 

 

 

 

良い休日だったなぁ♪

 

 

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place  美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-35   0827-31-0057

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

活性酸素