冷風ボタン

 

ヘアドライヤーに冷風がでるボタンとかスイッチが付いてるでしょ?

 

 

あるお客さまが

「熱風が熱すぎるときに使うものかと思ってた」

って言ってたけど…

 

 


 

JR南岩国駅斜め前の美容院

プレイスの藤原です

植物(葉っぱ)で染めるヘアカラー(ヘナ)
低アルカリ・弱酸性の縮毛矯正(ストレートパーマ)
髪の傷みを最小限に抑え美髪を提供する事を日々全力で頑張ってます!

アレルギー体質・かぶれ・敏感肌・髪の傷みでお悩みの方でも
安心してご来店いただける技術と材料で「本当の綺麗と安心」を提案します

特にクセ毛・40代以降の方はお任せ下さい!

普段の営業でのお客様へのご説明が足りてない部分などをここに綴ってます
ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください
お電話、LINE、コメント欄からでもOKです

0827-31-0057

友だち追加←このボタンを押すと、簡単にLINE登録できます


 


 

 

市販のドライヤーにも必ず付いてると思うけど

ドライヤーの冷風が出るスイッチやボタンがあるでしょ?

 

 

 

 

あれって暑いから使うわけじゃなくて

ちゃんとした理由があって付いてるんです

 

 

 

 

 

 

髪の毛は濡れてる状態から乾くときにクセが付く

カラカラに乾きすぎてるとブローしてもクセ付かないでしょ?

 

 

 

ヘアアイロンでも同じで、カラッカラに乾燥してる状態よりも

その一歩手前位の方が伸びる

あくまでも完全乾燥の一歩手前で、濡れてたり湿ってる状態じゃダメです。

 

 

 

 

なんだけど、それ以外にもう一つ髪の毛にクセが付く状態がある

 

 

 

 

 

 

 

それは、温まった状態が冷めるとき

 

 

 

最近ブローってのをほとんどしないけど

 

 

ブラシに毛を巻きつけてドライヤーの熱を当てて

その後、冷風スイッチを押して冷やす

ってブローを美容院で経験した事ない?

 

ある程度以上の年齢になるとそんな経験があると思うんだけど

あれは、髪の毛にクセを付けるために(ブロー)

温めて、冷ます時の作用を利用してるんですよ。

 

 

 

 

 

 

朝起きたら、寝癖で根元が立ち上がってボリューミーになってたら

ドライヤーでしっかり温めて、ボリュームの出た部分を手のひらで押さえて冷めるまで待つ

 

 

 

そうすると、あら不思議♪ 根元はぺったんこ(笑)

 

 

もちろん、ぺったんこからボリュームを出すときにも使えるよ。

 

 

 

 

 

それとも暑い夏の事も考えてメーカーは作ってるのかな?(笑)

 

 

 

じゃあまた (´・ω・ )ノ


 

Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21   0827-31-0057

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

カラー剤変えた?

次の記事

立春朝絞り