ヘナと酸化剤

 

天然の葉っぱで染まる白髪染め

カラーかぶれ(ジアミンアレルギー)でも敏感肌でも安心して染める事ができて

髪の毛も全く傷めず、頭皮の環境を整えてくれたり毛髪強化にもなる夢のようなヘアカラー

 

 

科学染料・化学物質を一切使用しなくても髪が染まる唯一無二のヘアカラー

ヘナインディゴ

 

 

 

色味が選べなかったり染まりが予想できなかったりというデメリットもあるけど

万能な物なんて無いし、ヘナのデメリットがなくなったらアルカリカラーなんていらなくなる。

 

 

 

 

勘違いしてる人が多いから復習しとくと

 

 

ヘナだけで染めたら、黒髪は黒いままで白髪はオレンジになる

 

 

 

 

 

インディゴを混ぜたり、2度染めしたりすると

ヘナのオレンジにインディゴの藍色がくっ付いて発色して茶色になる

 

 

 

 

だけど、白髪の量によっては染まり上がりが緑色になって

茶色に発色するまでに24~48時間程度かかる

 

 

 

 

ちなみに、プレイスではアカミノキを混ぜて使う事で

染めた直後の緑色を少し消す事ができる

 

色の三原色の原理で緑の反対の赤を足す事で緑色を打ち消す事ができる

 

 

 

 

 

 

 

って言っても、アルカリカラーと比べると染まり具合も人それぞれ違うし

染めてみないと分からない部分も多いけどね。

 

 

 

 

 

 

今回は自分の頭を使った実験

ヘナとインディを 1:1 で混ぜて、酸化剤を少し混ぜてお湯で溶き発色具合を確かめてみた

 

 

 

ケミカルヘナでよく使う酸化剤は過酸化水素水なんだけど

過酸化水素水は人によっては刺激を感じたり、髪の毛の傷みにもなるので

ブロム酸という酸化剤を使った

 

 

 

 

塗った状態

お湯だけで溶くよりも緑色が強い?

 

 

 

 

 

 

染めた直後

写真じゃ分かり難いけど、緑と言うよりも青味が強く出ている

インディゴ8:ヘナ2で染めたような色が出てる

 

 

 

 

 

 

24時間後

ほぼ茶色に発色した

 

 

 

 

 

 

48時間後

完全に発色、深い茶色になった

 

 

 

 

結果としては

染め上がりから深く着色し、発色も早かった

 

 

ブロム酸は髪の毛の傷みに直結しないし刺激も無いから

白髪量が多すぎて、ヘナとインディゴミックスの1度染めだと染まりが物足りない方なんかには有効だと思う。

 

 

 

ヘナって一言で言ってもいろいろな染め方があるけど

アレルギー体質で敏感肌だったりで心配な場合はヘナの単品染めをお勧めします

 

 

インディゴはアレルギーがー!

って意見もあるけど、そんな事言ってたら

無人島で自給自足生活するしかないでしょ?(笑)

 

 

 

小麦アレルギーになったら嫌だから

パンもパスタもうどんも食べるのやめますか?

っていうような話でしょ

 

 

 

 

 

よく分かんない方はお気軽にご相談ください

電話でもラインでもOKですよ♪

0827-31-0057

 

 

 

 


 

Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21   0827-31-0057

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。