ヘナと飲み薬

 

以前から 「もしかして?」 ってとは思ってたけど

 

 

 

数年前に ヘナは飲み薬(常用)に影響される」 と確信した

 

 

飲み薬って言っても、何でもかんでもじゃなくて

ホルモン剤を常用する事でヘナの染まりが悪くなる

 

 

 

 

例えば癌治療や甲状腺の治療なんかで ホルモン剤を処方される事があるみたいなんだけど

飲み始めると、ヘナの染まりがめちゃめちゃ悪くなる

 

ヘナで染まらないと、インディゴも入らないので

2度染めしても染まりが悪くなる

 

 

 

全く染まらないなんて事はないけど、処方前からヘナで染めてた方なら

「あれっ!?」

って確実に気がつくレベル

 

 

 

 

僕は薬剤師でも医者でもないので薬品の事は全く分からないから

ホルモン剤にも様々な種類があるのかもしれないし

ホルモン剤でも影響のない物もあるのかもしれないけどね。

 

 

 

 

 

もう何年も前の話だけど

以前からプレイスで染めてた方が、ある時を境に突然染まらなくなったから

「なんか今までと変わった事ありました?」

って聞いてみたら、体調が悪くなりホルモン剤を処方されたとの事

 

 

その時は、ホルモン剤っていうよりも体調の変化の影響なのかな?って思ってたけど

他にも数人、同じようなパターンで染まらなくなった

 

 

病名は違っても、共通しているのは ホルモン剤

 

 

 

初めてご来店された時から染まりの悪いお客様にも聞いてみたら

やっぱり以前からホルモン剤を常用していた

 

 

 

 

確信した僕は、色々なメーカーに聞いてみたけど

「何言ってんだこいつ???」みたいな感じ(笑)

 

 

ネットで検索しまくってみたけど

ホルモン剤とヘナの関係について はっきりと触れていたのは

どこかの美容師さんのブログ一件だけだった

 

 

 

 

数をこなして、色々なパターンを経験してきたからこそ言える!

ホルモン剤を常用するとヘナの染まりは悪くなる!

反論は受け付けるけど、根拠のない反論は右から左へ受け流します(笑)

 

 

 

 

他には 高血圧の薬を飲み始めると

白髪がめっちゃ増えます(これも経験上)

 

 

ちなみに高血圧の治療に使う薬の中の成分 ミノキシジル は唯一

育毛発毛効果があると言われている物

 

 

覚せい剤を使用したかどうかは髪の毛を分析すれば分かる

切ってなくさない限り、髪の毛の中には覚せい剤の成分が残るらしい

 

 

 

 

 

薬品と髪の毛の関係ってすごく大きいんです

 

 

 

 

 

Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21   0827-31-0057

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。